サンコン第3夫人の北山みつき

お付き合いが始まったときから一夫多妻であることもわかっていました。でも、好きという気持ちがあるから、まあいいかって

 そう笑顔で話すのは、8月19日付のブログで、外国人タレントのオスマン・サンコンとの結婚を発表した、演歌歌手の北山みつき。彼にはすでに2人の妻と5人の子どもがおり、ギニアの慣習にならっての第3夫人という立場での婚姻関係に、世間はアッと驚かされた。3人目の妻になることを決断した本心を、大いにぶっちゃけてくれた─。

サンコンとの付き合いは不倫になるのかしらって、ドキドキするし悩んだわよね。最近はいろいろ芸能界でも不倫騒動があったでしょ。でも、彼は結婚は4人までOKっていうから、5人目じゃないから大丈夫かしらって(笑)

 北山がサンコンと初めて会ったのは3年ほど前。とある食事会だった。

「初めて会ったとき。“おお、サンコンさんだ!”って。オーラがピカピカ出て、後光が差していましたね。ただ、出会ってすぐに私が病気になってしまったんです。元気になって誰に会いたいかなって思ったときに、なぜか彼の顔が浮かんだんですよ。

 だから、私のほうから思い切って連絡して復帰ライブに来てもらったんです。彼の母国語であるフランス語でシャンソンを歌うと、彼はボロボロと滝のように泣いてましたね。亡くなったお母さんや母国を思い出し、涙したんです」

デートなのに家族も……

 彼女の歌声がサンコンの胸に深く響いたのは間違いないだろう。その後、彼からデートに誘われたのだが……。

初めてのデートは焼き肉屋さんだったんですけど、彼の弟さんも来てらっしゃったんですよ。だから、“あれ? デートなのに、弟さんも一緒なんだ……”って。その次は焼き鳥屋さんに誘われたんですけど、そのときは息子さんが。いつも、デートは3人で家族ぐるみだったんです。今思うと、彼はとても私を大切に思ってくれていたんです

 正式に交際に至ったのは出会って約1年半後のこと。すぐに結婚を考え始めた。

「もちろん、初めは第3夫人って戸惑いもありましたよ。でも、愛する人の過去は変えられないんですよ。サンコンには家族、兄弟が22人いて、甥っ子や姪っ子も入れたら79人になる。それでもみんなに送金して、家族として愛しているんです」