『グッド・ドクター』 (c)フジテレビ

 サヴァン症候群の小児外科医が子どもたちの命と向き合うヒューマンドラマ。好視聴率をマークするドラマの撮影現場や出演者たちの素顔について、主人公を支える看護師役で出演する浜野謙太が激白!

台本を読んで感涙。役作りのこだわり

 主人公は自閉症スペクトラム障がいでサヴァン症候群の青年、新堂湊。偏見や反発にあいながらも小児外科医として成長していく姿を描いている。原作は韓国の同名ドラマで、アメリカでもリメークされた話題作。本作では日本では0・3%しかいない小児外科医の世界を舞台に描いている。

タイトルの“グッ”ドじゃないですけど毎回、見終わった後にグッとくるんですよ。僕は台本を読んだ段階から泣いています

 こう話すのは、看護師の橋口太郎役を演じているハマケンこと浜野謙太。

 橋口は小児外科病棟のムードメーカーとして、小児外科医やレジデント(研修医)、患者らをサポートしている。深刻なシーンもある作品のなかで、橋口の満面のスマイルは一服の清涼剤になっている。

「看護師のプロフェッショナルらしさより、体当たりで患者の子どもとぶつかったり戸惑ったりするようにしています。それ以外の細かい部分は頑張って何かしてやろうと思わなくても、キャラクターの完成度が高いので、そこにちょこんとのっかっている感じです」

 山崎賢人が演じる湊は、コミュニケーション能力に問題がありながらも、驚異的な記憶力の持ち主。まくしたてるようにしゃべり、緊急の手術時には、医療用語などを次々と繰り出す難易度の高い役。

「撮影直前まで山崎賢人でいるのに(本番の)スタートの声がかかったとたん、湊先生になるのには驚かされます。賢人君とは2度目の共演で、仲よくしてもらっています。空き時間には、プレゼントした僕のバンド(在日ファンク)の曲をオリジナルとはまったく違う、賢人流のアレンジで歌ったりするんです(笑)。

 対照的なのは(湊の指導医)夏美先生役の上野樹里さん。空き時間でも、上野さんなのか夏美先生なのかわからなくなることが。上野さんとも2度目の共演ですが、いい意味で緊張感をくれる女優さんです。演じるのが本当に好きな方だと思います。一緒にお芝居をしていると満たされた気持ちになるんです