「私にとって、永遠に自慢できる作品になったことは、間違いないです! だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思います(笑)」

 連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン・楡野鈴愛を演じた永野芽郁(18)が、8月17日にすべての撮影を終えて、ついにクランクアップ! 昨年の11月から撮影が始まり、

「長いようで、短いような10か月でした。こんなに長期間の撮影は初めてで、先が見えず、不安になって、ヒロインとしては頼りないときもあったと思いますが、本当にたくさんの人に支えられて、乗り切ることができました!」

梟町メンバーが語る『半分、青い。』の“ウラ話”

 いよいよ物語も、ラストスパートが近づいてきて悲しんでいる人、必見! 今だからこそ明かせる『半分、青い。』裏側のあんなことや、こんなことを、楡野草太役・上村海成、ブッチャー役・矢本悠馬、そして萩尾和子役・原田知世の3人に、教えてもらっちゃいました!

作中で流れた、『ロングバケーション』の再現ドラマ。実は、もっと長かったの?

(c)NHK

「放送では、ちょこっとしか流れていませんが、実際は5~6分間の、かなりの長尺で撮影していて。この顔で、木村拓哉さんがやられていた役を演じるのが申し訳なかったので、演じる前に1回、心の中で謝ってから挑みました(笑)。相手役の奈緒さんとも、一緒に動画を見て研究したりと、本気でやって、今回の撮影の中でいちばん自信があったと言っても、過言でないくらい、面白いものが撮れたんです。でも、実際はちょっとしか本編で使われていなくて……。どんな形でもいいので、ぜひみなさんにフルバージョンを見てほしいです!」(矢本)

永野芽郁が、やっぱりすごい!

「芽郁ちゃんと初めて会ったのは、彼女が中学生、僕が高校生のときに、雑誌のお仕事のときで。そのときは、芽郁ちゃんが女優さんをやられているのは知らなかったんですが、今作で共演して、本当に驚きました。スタートから、カットがかかるまで、どこにも芽郁ちゃんがいない、完全に鈴愛なんです。実際、芽郁ちゃんも多趣味で“毎日習い事したい!”って言っているくらい、鈴愛のように生きる力に満ちあふれた子で。こんなすごい子を、中学生のときから知っていることが、すごく誇らしかったです。“わし、この子が子どものころから知ってるぞ”って(笑)」(上村)

今では、立派につくし食堂を継いでいる草太。でも、当初は……?

(c)NHK

「初めのころ、草太が将来何になるかということは、言われていなくて。ただ、鈴愛が上京する前に、家族ですき焼きを食べるシーンの撮影のときに“いずれ、卵系に進む”と言われたんです。“卵系ってなんだ!? パティシエとかかな?”と考えていたら、まさかカツ丼につながっていたなんて……(笑)。事前に、将来どうなるかを知らなかったからこそ、本当に草太の人生を歩んでいるような感覚で、演じることができました」(上村)