8月29日の夕方ごろ、ご一家をひと目見ようと園内にいた約100人が集まり列を作った

8月25日の昼過ぎ、皇太子ご一家は静養のため、JR『那須塩原』駅に到着されました。駅前で待っていた地元住民などに、笑顔でお手ふりをされたり、雅子さまは小学生くらいの子どもに“宿題は終わりましたか”と声をかけられていましたよ」(皇室担当記者)

 毎年恒例である東宮ご一家の「那須ご静養」だが、今回の駅前でのご交流は、例年に比べても長い約20分間にわたった。さらに、こんな“異例のご対応”も─。

「那須に到着された同日、ご一家にとって初めてとなる、那須御用邸内での取材が実現したのです。

 これまでの那須ご静養で、マスコミの取材が許されていたのは駅頭だけだったので、“極めて異例”といえます。

 邸内の『嚶鳴亭』と呼ばれる休憩所周辺を、愛犬の『由莉』と一緒に散策されたお三方は終始、笑顔をお見せになっていましたね」(同・皇室担当記者)

 とある皇室ジャーナリストは、今回の異例なご対応の“理由”を次のように話す。

「8月16日から6日間滞在されていた静岡県須崎御用邸でも、隣接する三井浜での取材が“16年ぶり”に行われました。来年5月のお代替わりで皇太子さま(58)が天皇陛下に、雅子さまは皇后となられます。

 来年には“天皇ご一家”となられるため、今のうちから静養の様子を国民に示されたのだと思いますよ

「次期皇后」のご自覚が強まっている雅子さまだが、今回の那須では、例年とは少し違った“出来事”もあったというのは、ある東宮職関係者。

「8月27日には、昼ごろに『東急ハーヴェストクラブ』に向かわれましたが、皇太子さまと愛子さま(16)だけで、雅子さまは同行されませんでした。

 さらに、翌日の夕方ごろに訪問された『テディベアミュージアム』にも、雅子さまはいらっしゃいませんでした。

 30日の夕方ごろの『りんどう湖レイクビュー』にも、皇太子さまと愛子さまとお友達親子だけで足を運ばれていたのです」

 昨年の夏は、この3か所ともご一家全員で楽しまれていただけに、不在だった雅子さまは立て続けにこなされた“異例対応”にお疲れぎみだったのかもしれない……。

『りんどう湖レイクビュー』の遊覧船に乗り、お友達と楽しそうに会話する愛子さま(8月30日)

“大事をとった”のではないか

 しかし、ある宮内庁関係者は、“大事をとった”のではないか、と次のように話す。

「現在の雅子さまはすこぶる快調で、久しく実現していない2泊以上の地方訪問も“問題ないのでは”と囁かれているほどなのです。

 しかし、来年のお代替わりを控える大事なこの時期に、“万が一、ご体調を崩されてはいけない”と周囲が無理をさせないようにしています。

 今回のご静養中の訪問先でも、雅子さまだけお出かけを“セーブ”された可能性があるでしょう」

 9月7日から皇太子さまは、「日仏友好160周年」のためフランスを訪問される予定で、今春には雅子さまのご同行も有力視されていた。しかし、8月初旬ごろに雅子さまの訪問は見送られたと一斉に報じられたのだ。