及川ヨシコさんの自宅で、念入りに現場検証する岩手県警

 JR一ノ関駅から徒歩約10分、殺された及川ヨシコさん(80)の自宅敷地内にあるアパートに男が入居したのは2014年8月のことだった。

 ところが、2か月後の10月に男は窃盗罪で収監された。

 出所は'16年6月。収監中ということもあり家賃を滞納し続けていた男は、そのことに対する詫びは一切なく、ヨシコさんに、誤字脱字だらけのラブレターを送りつけていた。

獄中から届く変態ラブレター

 その内容が、ド変態級のしろもの。

 品位のかけらもなく、矢で貫いたハートマークを乱発する幼稚さ……例えばこんな感じだ(※以下、編集部で補足したカッコ内を除き原文ママ)。

《いつだてどんなに遠くはなれていても決してヨシコのことは忘れないよ ヨシコのこと大好きになってしまったから今更らあきらめるなんて決して出来ないことだよ》

 このあたりはまだおとなしいのだが、やがて文面はエスカレートし、

《ヨシコの心ろを性感体(帯)マッサージでほぐしてあげたいしね すごくヨシコのこと愛しているからいしょになったらきっと優しく性感体マッサージをしてあげるよ》

《ヨシコのことをだいてやりたいから ほしいからヨシコのことが 優しくだいてやりたいヨシコのことを(中略)必らず帰たらヨシコの性感マッサージしてあげるよ ね ヨシコ忘れないでね クンニング(クンニリングス)もしてあげるよ》

 と変態性をはらみ、さらに、

《ヨシコの一番大事な所ろもマッサージやクンニングをしてやりたいしね》《心から愛しているから 好きだからSEXがしたいよヨシコと》

 という“獄中妄想記”。

 計2通の手紙では、やたら『クンニング』を連発している。さすがに気が引けたのか『SEX』の文字は雑に横線を引いて消してあるが、読めるのだから消した意味がない。