友近(左)、秋山竜次(右) 撮影/森田晃博

 CM出演は8社。さまざまな職種の人物になりきった『クリエイターズ・ファイル』が好評で『2018上半期男性タレントCM起用ランキング』では3位にランクインした秋山竜次(ロバート)。『台湾観光アンバサダー』を務めるなど、コントのキャラクターの枠を超えて活躍する水谷千重子を演じる友近。そんな憑依芸に定評のある2人が、動画配信サービス『大阪チャンネル』で、なりきり映画番組『国産洋画劇場』をスタート!

『国産洋画劇場』とは?

秋山「この番組はロケ地から設定など、すべてを国産にこだわった映画を作るという番組。コントではないので、一切ボケていません!」

友近「もしかしたら、似たような作品を見たことがあるという方もいるかもしれませんが、すべてオリジナルです」

 でも資料を見ると、大ヒット映画を彷彿とさせるラインナップばかりですが(笑)。

秋山「僕はこれまで1度も映画を見たことがないので、もし似ている作品があるなら偶然かと。先日、力士を描いた『六城』という作品を撮り終わったのですが、これは挫折した力士が、和菓子屋の娘と出会ったことで、再起するという話です」

 ますます名作『ロッキー』に似ているような……(笑)。ちなみに2人ともなりきり芸に定評がありますが、お互いの印象はどうでした?

秋山「扮装芸という点では僕と共通するので、一緒にやったら面白そうだなと思っていました。実際、同じ空気感というか。ずっと一緒にネタをやっていられますね」

友近「秋山さんは発想がどんどん出てくる人。雑談していても、ハマるポイントが一緒なんです。だからプライベートでもネタの題材になりそうな人や物に出会うと、画像つきでメールをしていたのですが、ガラケーを使っていたみたいで、毎回のように“画像が開けません”って(笑)」

秋山「それだと困るので、スマホも買ってLINEできるようにしましたよ! こないだ友近の地元である愛媛県の道後温泉にストリップ劇場があると聞いて、みんなでロケの後にキャラに扮装したままの姿で見に行ったんです(笑)」

友近「あれはぜひみんなに見てもらいたくて。ストリップは単純なスケベ心だけでなく、踊り子さんのバックボーンとか見えてきて面白いんですよ」

秋山「ダンスをメインでやってきた人たちじゃないから、中には踊りがたどたどしい人とかもいるんです。でもそれがチャーミングなんです。いろいろ想像をかき立てられて見ごたえがありましたね。『クリエイターズ・ファイル』でも、いつかストリッパーをやりたいです」