『探偵が早すぎる』(c)日本テレビ

 事件を未然に防ぐ謎の探偵と莫大な遺産を相続することになり命を狙われる女子大生が、刺客との攻防を繰り広げるコメディー・ミステリーがクライマックスに突入。気になる結末に加えて猛暑での撮影現場での秘話、滝藤の野望とは―。

ミステリーなのに事件も殺人もなし

 滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演する痛快コメディー・ミステリー。原作は井上真偽の同名小説。

 滝藤は探偵の千曲川役、広瀬は千曲川が守る巨額遺産相続人の女子大生、一華役を好演。ツンデレ家政婦の橋田役の水野美紀、遺産争奪戦を繰り広げる大陀羅一族の“ラスボス”朱鳥役の片平なぎさらが共演。

「コメディーとミステリーのバランスがいいとの感想をいただいています。本作は、千曲川の“事件を未然に防ぐ”がポイントですが、事件が起こらない誰も死なないミステリーは“起承転結”の“起”の部分がなく、映像化にあたっていちばん悩みました

 と、制作する読売テレビの中山喬詞プロデューサー。

「キャラクターのインパクトも必要なのでキャスティングには顔にも画力のある方々にオファーし、快諾していただきました(笑)。千曲川や一華は原作とは違う雰囲気のキャラクターになっていますが登場人物全員を愛おしく感じていただけるようにこだわっています」(中山P、以下同)

 千曲川は、5兆円もの莫大な遺産を相続することになった一華の身辺警護を橋田から依頼される。

 一華の父のきょうだい、大陀羅一族は最初に一華を殺した者が遺産を総取りする争奪戦を展開。毎回、一華に魔の手が忍び寄るが、千曲川は些細な違和感やミスを見逃さず、最後は決めゼリフの“トリック返し”で犯人をおしおき。“やられる前にやり返す”のだ。

 笑いやパロディーに加え、視聴後の心地よさも大切にしているという。

偏屈な千曲川が秘めている正義感や、表には出さないけれど何があっても一華を守ろうとする心の内を感じ取っていただければ。滝藤さんの二枚目ぶりと三枚目の部分の緩急は、素晴らしいです」