加藤恵子役の小西真奈美 (c)NHK

 連続テレビ小説『半分、青い。』も、いよいよラストスパート! これからの物語のキーパーソンとして登場した、津曲雅彦役・有田哲平(くりぃむしちゅー)と、津曲の妹である加藤恵子役・小西真奈美の2人に、裏話を聞いちゃいました!

“本当のお兄ちゃん”みたいな存在

「有田さんは、よく現場でコーヒーを飲んでいらして、2人でコーヒーの話をしていたら“あとでおごってあげるよ!”って言ってくださって。でも、待ってもなかなかくれないな……と思っていたら(笑)、ランチの後の、ちょうどコーヒーが欲しいと思っていたドンピシャなタイミングで持ってきてくれたんです! それが本当にうれしくて“とってもおいしかったです!”と言ったら、次の日もまた買ってきてくれて。まるで本当のお兄ちゃんのように接してくれて、毎日がとても楽しいです」(小西)

リハーサルで、まさかの赤っ恥!?

「バラエティー番組では、リハーサルというものがほとんどなくて。でも朝ドラの撮影は、本番とは別日に、リハの日が設けられているんです。だから、ちょっとビビっていたんですが、マネージャーに聞いたら“リハまでにセリフを全部覚えていかなくても、大丈夫みたいですよ”って。

 でも、実際に行ったら、みなさん完璧にセリフを覚えていて。“これはヤバい!”と思って、終わってすぐに事務所の会議室で、マネージャーと2人でひたすら練習して、次の日の本番に、何とか間に合いました……!」(有田)

(c)NHK

撮影初日は、なんと9ページ分の長回しが!

「初日の撮影が、9ページに及ぶ長回しのシーンで。僕の長ゼリフもあって“分けて撮影するんでしょう?”って、(佐藤)健くんに聞いたら“いや、NHKは一気に撮りますよ”って言われて(笑)。

 何とか叩き込んで、撮影でもちゃんと言えたんです。だから“ほら、見てみろ”みたいな顔をしたんですけど、役者のみなさんからしたら、セリフを覚えてくることなんて当たり前のことで。“あれ? 誰も褒めてくれない……”って、少ししょんぼりしましたが(笑)、こういう作業を普段からやられているのかと思うと、本当に演じられているみなさんはすごいなと、改めて感じました」(有田)

(c)NHK