'13年に『週刊女性』本誌が撮影した工藤静香

 『週刊文春』で恒例の企画『女が嫌いな女』ランキング、ついにその結果が出た。

 2位に200票の差をつけて、“栄えある”1位に輝いたのは工藤静香だ。この企画は今年で13回目になる。静香は'15年には37位と振るわなかったのだが、“SMAP騒動”があった'16年は5位、そして昨年は4位。着実に順位を上げてきたのがわかる。

 『文春』の記事には、

《木村拓哉がこの人とさえ結婚していなければSMAPにも間違いなく違う未来があったはずです》

 という、少々飛躍していると思うような意見をはじめ、

《言うことがいちいちSMAPファンの気持ちを逆なでする》

《元々嫌いだったが、娘を押し出してきた最近は、腹黒さを感じて嫌いさに拍車がかかってきた》

《夫のことも娘のことも自分が目立つための踏み台にしてるとしか見えない》

 などと、静香を嫌う人たちの“理由”が羅列されているが、ほとんど感情的な意見だと見て取れる。

一気にアンチが増え出して

 それにしても、静香はどうしてこんなに嫌われるのだろうか。

 静香が木村拓哉と結婚したのは、いまから18年前の'00年12月。妊娠4か月の“授かり婚”だった。

 『おニャン子クラブ』の一員だった静香が、注目されるようになったのは'87年ごろ、生稲晃子、斉藤満喜子とともに派生ユニット『うしろ髪ひかれ隊』として活動を開始してからだ。

 人気が下火になり始めた『おニャン子』の中でひとり気を吐き、脚光を浴びるようになっていった。

 その年にソロデビューすると、初シングルはオリコン1位を記録。その後もヒット曲を連発し、人気アイドル歌手の仲間入りを果たしている。中山美穂、南野陽子、浅香唯と共に女性アイドル四天王と呼ばれたこともあった。

 また、ドラマに出演し、女優として活躍するほか、画家としての才能も発揮、二科展では度々入選を果たしている。

「アイドル歌手というだけでなく、マルチな活躍をする彼女は人気がありました。もちろん男性のファンが圧倒的に多かったのですが、化粧品のCMに登場するようになると、女性ファンも増えていきました」(スポーツ紙記者)