藤井フミヤ 撮影/森田晃博

若いころは50歳で引退するってずっと思ってた。そこから先は、のんびり暮らすぞって。いかんせん、20代、30代がものすごく忙しかったから。いざ50歳になったら、引退なんてとんでもない。まだまだじゃないって(笑)。55歳を過ぎたときに、“この職業って、引退がない”ってことに気づいた。ふっと先輩方を見上げたら、誰も引退されてないじゃんって」

 7月11日に56歳のバースデーを迎えた藤井フミヤ。誕生日のちょうど1週間後に、チェッカーズとしてデビュー35周年、ソロデビュー25周年を記念したアルバム『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST“25/35”』(L盤・R盤)をリリースした。25年のソロ活動の中で生まれた277曲の中からファン投票によって選ばれた100曲をほぼ発売順に収録している。

『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST“25/35”』L盤 ※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST“25/35”』R盤 ※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします

ファンのみんなは(投票できる10曲を選ぶことが)結構、大変だったみたい。“あの曲は、誰かが票を入れてくれるだろう”とか、いろいろな葛藤がありつつ、曲を選ぶために棚から歴代のCDを取り出して聴くとか、当時を思い出すとか、そういう作業がそれぞれの家で、部屋で行われたことが、今回のベストを出したいちばん大きな意義になったと思います

 スペシャルサイトには、100位までの曲の順位が発表されている。ファンならずとも多くの人が知る藤井フミヤの代表曲『TRUE LOVE』は8位、『Another Orion』は10位と意外ともとれる結果に。また、トップ10に入っているファン選りすぐりの曲に触れると、藤井フミヤ=デビュー当時から変わらないキーの高さと、その歌唱力をいかしたバラードのイメージを持つ人は驚くはずだ。

「これまでアルバムを聴いたことがなかった人がこの順位を見たら、知らない曲ばっかりで逆に聴いてみたいと思うよね。それが、今回のプロモーションの目的のひとつ(笑)。聴いてもらったら、バラードの人じゃないとわかる

 1位に輝いた『ALIVE』(’97年発売のアルバム『PURE RED』に収録)は、ともにチェッカーズとしてデビューし、現在はフミヤとの音楽ユニット・F-BLOODや元チェッカーズのメンバーと組んだバンド・アブラーズで活動する弟、尚之のために書いた曲だと言う。

尚之にちょっと落ち込むことがあって、そのときに書いた曲。頑張れって思いを込めて。でも、そのことを尚之は知らないし、彼のために歌ったこともない(笑)。

 曲には大きさっていうのがあって、この曲は、ライブの途中でちょっとやる感じじゃなくて、コンサートの最後とか、アンコールの1曲目とかラストとか、そういうポジションにいるから目立つんだと思う。必ず、みんなで大合唱になる応援歌だから」