『過保護のカホコ2018〜ラブ&ドリーム〜』(c)日本テレビ

 史上最強の箱入り娘の成長を描いた、遊川和彦脚本のオリジナル連続ドラマの続編が、『過保護のカホコ2018〜ラブ&ドリーム〜』(日本テレビ系 9月19日[水] 夜9時~)として、1年ぶりにスペシャルで復活する。

連ドラで約束した続編 幸せな気持ちの読後感

「スタッフ、キャストのみなさんと連続ドラマの撮影時から“続編を絶対やりたいね”と話していたので約束が果たせました」

 こう話すのは、大平太プロデューサー。

 18年来の遊川&大平コンビで社会現象となった『家政婦のミタ』など多数手がけてきたが、続編は今作が初めて。

「(連ドラ後、視聴者から)温室育ちだったカホコと初君は結婚後、どうなる? との声をたくさんいただきました。僕の家庭がヒントになっていることもあり、非常に思い入れの強い作品で、まだやっていないエピソードもあり、ぜひやりたかったんです」(大平P、以下同)

 主演の高畑充希は、1年ぶりの登板にも撮影初日からカホコになりきっていたという。

「連ドラを立ち上げるときにカホコのキャラクターを徹底的にディスカッションしましたし、カホコのヒントを得た僕の娘と話すなどしてイメージをつかみ、高畑さんしか演じられないカホコ像を作り上げてくれました。

 スペシャルでもキャラクターを確認する作業をしていますが、声のトーンを何オクターブも高くして、いきなり沸点が上がる難しいシーンなども見事に演じ切っていました」

 カホコは、初(竹内涼真)と結婚して1年。保育士としておばの経営する施設で働いていたが、経営難に。ラブラブの新婚生活も初と気持ちのすれ違いから険悪ムード、さらに両親(黒木瞳・時任三郎)の離婚騒動が持ち上がる。

大好きなパパとママに離婚騒動が持ち上がる (c)日本テレビ