朝夏まなと 撮影/森田晃博

稽古場の温かさに緊張もどこへやら

 ロンドンに住む下町訛り丸出しの花売り娘イライザが、言語学者ヒギンズ教授のレッスンを受けて貴婦人に大変身! オードリー・ヘップバーン主演の映画でもおなじみのミュージカル『マイ・フェア・レディ』が、また新しい魅力をもって再演される。チャーミングなイライザ役を演じるのは朝夏まなとさん、神田沙也加さんというWキャスト。元宝塚のトップスターで、この作品で女優デビューを果たすという朝夏さんに話を聞いた。

「今はお稽古をしている時間が、楽しくてしかたないんです」という朝夏さん。緊張はなかった?

女優として舞台は初めてですし、周りは初めましての方ばかり。しかもテレビや舞台で拝見していた方ばかりなので、そりゃ初めは緊張しましたよ! でも、みなさんが優しく受け入れてくださるので、すぐ!(笑)。打ち解けてしまいました。今ではすっかりリラックスして、のびのびとさせていただいています」

 先日は、お稽古場を爆笑の渦に巻き込んだとか。

「ある場面で捨てゼリフを吐いて出ていくんですけどそのセリフを急に忘れてしまって。“なんだよぉー、コノヤロー!”とかテキトーなことを叫んで退場しちゃったんです。そうしたらもう大爆笑!(笑)。そこで気持ちを抑えられなかったんですよ。そんなことをしても、みなさん温かく受け止めてくださるんです」

 朝夏さんから見て、イライザはどんな女性?

「まず浮かんだのは“チャーミングな人”という印象でした。でも今、お稽古場でやってみてすごく思うのは“この人って、常に本気なんだな”ということなんです。自分が今いる状態より少しでもよくなりたいという、欲とかじゃなくて上昇志向や向上心がある。そこに到達するためだったら絶対にあきらめない、常に本気で努力するという意志の強さ、逞しさがあって。

 でもチャーミングでひたむきなんです。教育がなかっただけで、本当は頭のいい人ですよね。この時代(20世紀初頭)だと、貧しい女性は身体を売って生きてくことになりがちだったと思うんですけど、決してその道は選ばない。努力をしてまっとうな道に行きたい、と行動するイライザは“強いな”と思います