岸田雪子 撮影/北村史成

取材を積み重ねて当事者の声を紡ぐ

 キャスターとして『情報ライブ ミヤネ屋』での宮根誠司さんとの軽妙な掛け合いが記憶に残る岸田雪子さん。実は日本テレビ報道局の社会部や政治部で24年にわたり、オウム事件や東日本大震災の取材など第一線で活躍した人物でもある。

 入社後すぐの文部省(現・文部科学省)担当記者当時、教育・いじめ問題を取材したことを契機に、その後もいじめを経験した子どもたちや保護者の声を地道に聞き歩く取材を継続してきた。本書は20数年かけて岸田さんが取材してきたいじめ問題を当事者の声とともにまとめた1冊だ。

「これまで、いじめのニュースを報じながら、もう一歩、本質に踏み込めていないのではないかと感じることもありました。激化するいじめの現場で本当は何が起こっているのか、子どもたちの間でどんな言葉が交わされているのか、被害者はどんな気持ちだったのか。この部分を大人が知らなければいじめは防げないと思ったのです。さらに、いじめの被害者で絶望しながらも踏みとどまった子どもたちの言葉からは、何が彼らの救いになれたのかが見えてきます」 

 いじめに限らず、育児や子育てでも、情報を知っているか否かで、大きく違ってくるのは女性読者にも経験として実感できるはずだ。

「いじめへの大人の対応も同じです。子どもはどんなにつらい状況でも学校を休んではいけないと思い、ひとり苦しみがちです。そんなときに、周囲の大人が“無理に学校に行かなくていい、あなたがいちばん大事だよ”と言ってあげられれば、楽になる子は増えるのです。もし、それを知っていたら、いじめでつらい時期を過ごさずにすんだ、という声も実際によく聞きました」

 本書には、さまざまなケース・立場でいじめに関わってしまった人々が数多く登場する。岸田さんは、執筆にあたり、これらの人々全員に再度取材を行っている。テレビの人間であり、特に報道は事実がすべてと彼女は言う。取材に基づいた事実を積み重ね、事件の背景や経緯をていねいに読み解き、問題点を浮き彫りにするキャスターとしての真摯な姿勢が本書でも見てとれる。

 いじめの加害者を生まないために、大人ができること、してはいけないことは多いと岸田さんは語る。

「例えば家でテレビを見ていて、いじめを受けた子どもが亡くなるニュースが流れていたとき。大人が“死ぬなんて、弱い子だね”などとつぶやいたら、それを聞いた子は“いじめられるほうに原因があるのだ”と思ってしまうでしょう。

 また、教室で1人だけ周囲のスピードについていけない生徒がいたとき。教師が“いつまでやってるんだ!”などと声を荒らげたら、それを見ている子どもたちは“あの子にはキツくあたってもいいんだ”と教師のまねをしてしまい、それがいじめを生むクラスの土壌を作ってしまうことはよくあることです。教師の何げないひと言も、周囲の子どもたちにいじめを肯定した言動と受け止められるリスクがあることを知ってほしいと思います