『ぎぼむす』の名言は過程やビジネスシーンでも使えるテクニックが! (c)TBS

「笑って泣ける」と話題の『ぎぼむす』こと『義母と娘のブルース』が、視聴率で夏ドラマのトップを独走している。

 仕事一筋で生きてきた主人公が、8歳の娘を持つバツイチ男性からプロポーズされ結婚し、母親として奔走。その中で芽生えていく義母と娘の愛と成長を描いたハートフルな物語で、原作は桜沢鈴による4コマ漫画。

 綾瀬はるか演じる元キャリアウーマンの亜希子ならではのビジネス格言から、少し浮世離れした天然っぽさが引き起こす笑い。そして家族を愛するがゆえのセリフで、視聴者を虜(とりこ)にしているのだ。

 そこで亜希子の名言を紹介。その言葉は胸に刺さること間違いナシ。最終章に突入した『ぎぼむす』の結末から目が離せません!

第1話

(c)TBS

「相手の懐に入るためには、まずは相手を知らねばいけませんから」

 子連れの良一と結婚することで、みゆきに懐いてもらうための研究として小学生向けの雑誌を読んでいたところ、「どうしたんですか?」と部下の田口(浅利陽介)に尋ねられて。

「もし、うまくいかなければ、責任は私が取ります。行きなさい」

 からかうクラスメート男の子・大樹(大智)に、やめてほしいと言うのが嫌だというみゆき(横溝菜帆)に対して背中を押すひと言。

第2話

(c)TBS

「相手の心を開かせるには、まず自分の心を開くこと。営業のテクニックのひとつです」

 みゆき同様に、亜希子自身も早く母親と死別したことを告白したことに対し、みゆきに「私と同じってウソでしょ」と言われた際の言葉。

私の娘はべらぼうに可愛いのです。その笑顔には少なく見積もっても1000万円の価値があります

 寿退社することになった亜希子を、年収をアップするからと引き止める上司に「10億円なら」と言ったときの理由。みゆきの笑顔を100回見れば、10億円の価値になることから、それぐらいの年収がないと仕事を続ける価値がないとキッパリ。