※写真はイメージです

 昼間の職業は解体工だった。

「この仕事は現場に行くことが多いので、作業着のような格好で仕事しますから、まあ地味な感じです。メガネもかけていませんでした」

夜は華麗に変身して……

 同僚がそう証言する男は、仕事が終わると様子を一変。日中の地味な作業着を脱ぎ捨て、まるでステージ衣装のような目立つ格好に身を包んで夜の民家に侵入し、窃盗に手を染めていたという。

 通常の感覚なら、目立たない格好をしてことに及ぶのが盗人稼業だが、あべこべに派手に着飾るとは、ずいぶんと変わり者もいたものだ。

 捜査関係者が明かす。

「派手なシャツを好む。おしゃれ系の、度の入っていないメガネをかけているということで、捜査員の間では“だてメガネのまつもと”と呼ばれていました」

 埼玉県警は9月6日、住居侵入・窃盗の疑いで、埼玉県朝霞市に住む解体工、松本尚利容疑者(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月31日午後7時半ごろから翌午前4時半ごろまでの間に、朝霞市内の高齢男性がひとりで暮らす民家に忍び込み、現金6万9000円とキャッシュカード、携帯電話1台などを盗んだ疑いが持たれている。

 容疑者の雇用形態はアルバイト。同僚には「まっちゃん」と親しまれ、現場監督には「マック」と呼ばれていた松本容疑者の評判は、手癖ほど悪くはなかった。

「すごいまじめだったよ。お金のトラブルもないよ。むしろ同僚に1万円貸したとかそんな話を聞いたぐらいだから。おとなしいし泥棒する感じの男には見えなかったけどね」

容疑者は解体工事事務所に住み込んでいた

 そう証言するのは現場監督だ。事務所の2階に寝泊まりしていたそうで、

「家賃はとりあえず電気代だけってことで月に1万円払ってもらったけどね。前科があるということを明かしていてアルバイトとして雇っていたけど、金に困るような給料じゃないと思うけどな。結構もらっているはずなんだよ」

 と首をひねりながらつけ加える。夜、派手な格好で事務所に出入りする姿は、同僚や近所の人に目撃されていない。