上川隆也 撮影/佐藤靖彦

 この秋、見ごたえ間違いなしの豪華絢爛(けんらん)な舞台『魔界転生』が上演。原作は山田風太郎の人気伝奇小説で、アクションとカルトの世界が融合した壮大なエンターテイメント時代劇だ。過去には’81年に深作欣二監督で映画化され大ヒットした名作が、演出・堤幸彦×脚本・マキノノゾミの最強タッグで甦(よみがえ)る。

 柳生十兵衛役で主演する上川隆也さんが「僕自身も少なからず舞台作品を経験してまいりましたが、こんな脚本は読んだことがないです」と話す今作は、これまでにない想像を超えた舞台になりそうだ。

夢のカードを垣間見るワクワク感が満載

マキノさんが、本当に何ひとつ加減することなく、やりたいことをやりたいように書いたとおっしゃっていたのですが、まさにそのとおりでした。普通に考えたら舞台ではできないです。マキノさんが文字として表現なさった数々の場面や展開表現を板の上にどう再現するのか、まったく想像できません。あのまま、堤さんがもし舞台上に再現してみせたら、一大事だと思います

 舞台の製作発表でも、フライング、プロジェクションマッピングをはじめ舞台技術の最高峰を結集して、見たことのない大胆な舞台を作ると、演出の堤さんから明かされている。マキノさんが「堤監督なら、きっと燃えてくれるであろう、めちゃくちゃなものを書きました」と語る脚本と未知の演出に、上川さんはどういう覚悟で臨むのか?

「めちゃくちゃやるにしても、生身の人間にやれることは限度がある。僕ら役者はその限度に向かってひた走ることはしますけれど、脚本に描かれているものはその限界の向こう側にあるようにしか思えないんです。しかし、マキノさんが思いのたけを込めて書かれた脚本の世界観をスポイルしていくのは悔しくてしかたがないんです。ですから、僕らも自分たちが想定した限界点をどこかで反故(ほご)にしなければいけないでしょうし、堤さんがそれをたぶん越えて何かを表現なさろうとすることも想定されますから、とんでもない秋になりそうな気配をひしひしと感じております

 もともと原作のファンだという上川さんが思う『魔界転生』の魅力とは?

「知る人ぞ知るかもしれませんが、架空戦記というものが小説界で流行(はや)った時期があって。例えば、もしあの戦争のときにこんな兵器があったら、戦局はどう変化しただろうかみたいなイフ・ストーリーです。この物語はまさにそのてんこ盛りだと思うんです。現実には相対することがない剣豪たちを魔界転生という大いなる仕掛けを用いることによって成立させてしまう。本来見ることのできなかったマッチング、ボクシングやプロレスでいうところの夢のカードを垣間見ることができるワクワク感が満載です