バイプレイヤーズたちも訪れた大杉漣さんのお別れの会

急逝した大杉漣さんの所属事務所だった『zacco』の解散が、このたび決定したそうです」(スポーツ紙記者)

 今年2月21日に66歳で急逝した俳優・大杉漣さんのお別れ会は、4月14日に青山斎場で営まれた。

「野原をイメージした草花の祭壇に飾られ、穏やかな表情を浮かべた笑顔の遺影は、写真家の長男・隼平さんが2年前に撮影したものだとか」(同・スポーツ紙記者)

所属俳優3人からスタートした小さな事務所

 お別れ会では、大杉さんら名脇役として活躍する6人が一堂に会したテレビ東京系のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』で共演した田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一が挨拶に立ち、田口が4人を代表して弔辞を読んだ。

 プライベートでも懇意だった田口は、

偉ぶることなく、普通に存在することの大切さを教えてくれた。どれだけ僕ら後輩が励まされたことか。あなたの後輩であり続けたことを誇りに思う

 と遺影に語りかけた。

このお別れ会の前に、近親者のみで葬儀が執り行われています。そこにも『zacco』所属俳優、元転形劇場俳優、草サッカーチーム鰯クラブのメンバーが参列したそうです」(芸能プロ関係者)

『zacco』という名前の由来は“雑魚のように、たくましく泳ぎたいと願う表現者集団”という大杉さんの願いが込められ、'07年に幡ヶ谷のマンションの1室で、大杉さんの妻で事務所社長の弘美さんを含めたスタッフ3名、所属俳優3名でスタートした小さな芸能事務所だった。