東京・原宿─。

 全国の女子の憧れの街、ファッションの聖地である。若い女性であふれる街を、白いジャケットにパンツスタイル、リュックを背負い、キックボードで颯爽(さっそう)と走り抜ける小柄な女性がいた。

株式会社ブラウンシュガーファーストの代表取締役社長・荻野みどりさん 撮影/佐藤靖彦

  荻野みどりさん、36歳。

  数年前から大ブームを起こしているココナッツオイルの火つけ役として知られ、6歳の娘を持つ、ママ起業家である。多忙な彼女にとって、キックボードは大事な時短グッズ。折りたためば電車にも乗れるため、営業先への移動や娘のお迎えにも重宝してきた。

  原宿で創業した食品会社『ブラウンシュガーファースト』は、「子どもに食べさせたいかどうか」を基準に食材を厳選する。ココナッツオイルも、その目線で選ばれた逸品だ。

確かにココナッツオイルブームのきっかけは当社でした。うちが始めるまでは、ココナッツオイルは、ネットワークビジネスでしか買えない高額食品。ところが、アメリカでは健康志向の強い人々のための一般の調理油として使われていました。調べれば調べるほどココナッツオイルの性質がわかってきて、全国の食卓に届くようにしようと思い立ったんです

 2013年に売り出した「有機エキストラバージンココナッツオイル」。みどりさんたちは、そのよさと食べ方をメディアや美容の専門家、小売店に伝えた。それが口コミで広まり、美容や健康にいいオイルとして翌年からブームに火がついたのだ。 

 * * *

 そもそも、みどりさんが食品会社を始めたのは2011年、娘を出産したことがきっかけだった。完全母乳で育てていたころ、娘の小さな身体に湿疹ができ、便秘になってしまったのだ。 

「その原因が自分の母乳だったことに気づいたんです。ホイップクリームたっぷりのケーキを食べたり、コーヒーを飲んだりした後、症状が出ているようでした。自分だけなら何か変化があっても“まあ、いいか”という感じで行動に起こすこともなかったでしょう。でも、明らかに自分が原因でひとりの人間が体調を崩すとさすがにビビるわけです」

 以前から、有機野菜・無添加食材を使った食事法やマクロビオテックに関心はあり、多少は勉強もしていた。

「でも、生活に取り入れるのは簡単ではなかったし、世の中にナチュラルな食品が少ないという不満もありました。だったら自分で作ろう、気軽に買えるようにしよう。そうしたら、みんな助かるんじゃないか、そう思ったんです」