(写真左上から時計回りに)広末涼子、綾瀬はるか、小雪、原田知世、桃井かおり、深津絵里

 日焼け対策をしているつもりでも、気づかないうちに日焼けしてしまい、秋になると「しまった!」と焦る女性も多いはず。

 でも、一年中、超色白&美肌自慢の女優はどうしているの? というわけで、今回は秋のうっかり日焼け反省スペシャルとして、色白肌の女優を美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長にジャッジしてもらいました。

 判定するのは、30代代表として綾瀬はるか(33)、広末涼子(38)、40代代表で小雪(41)、深津絵里(45)、50代以上では原田知世(50)、桃井かおり(67)の6人を編集部が選抜。

 色白は若見えもかなえるのか? 色白と透明感の違いとは? 色白になるためにすべきこととは? 美白肌になりたい方、必見です!

――綾瀬さん、広末さん、小雪さん、深津さん、原田さん、桃井さんと、コスメの広告モデルも務める美白肌自慢の女優さんを列挙しましたが、ズバリ、6名の肌を分析するといかがでしょうか?

高須「まず、どなたも肌はおきれい。そして残酷なようだけど、年齢が若い方が必然的にハリもあるので、美肌順=年齢順ですが……。でも、この6名を見まわして『アレ!?』と思ったのが、桃井さんの首!

――首!? 桃井さんといえば、「SK-II」のCMでもおなじみ、アラ還女子の憧れ肌ですよ!

高須「肌はもともと色白だし、きれいだよ。でも首がシワっぽく、黒ずんで見えます

――なるほど。顔の白さと対比して、余計にそう見えるのかもしれませんね。

高須筋肉は鍛えられるけど、肌や骨は鍛えられないからね。スキンケアやエステもいいけど、肌はいかに休ませられるかが一番大事なのですが、桃井さんは顔にばかり目がいって、首のケアはあまりしなかったのかもしれないな

――他の方は問題なしの美白肌ですか?

高須「白地に柄が目立つように、色白の肌の方はシミやホクロが目立ってしまうのは仕方がないんだけど、深津さんはこの6人の中でも特にホクロが目立つね。以前こちらの連載でも話したけど(※ババ見えホクロ記事はコチラ)、ホクロは増えるし、大きくなる。そうなると老けて見えるから、いくつか減らすか、サイズダウンしてもいいと思うよ! でも演技派女優だし、このホクロがアクセントなのかもしれないけど」

――やはり、デカホクロはババくさく見えるんですね。ところで、肌のきれいさは年齢順という厳しい現実はわかりましたが、それでもなんとかしたいです! やはりパックとかを頻繁にしたほうがいいのでしょうか?

高須パックや高級コスメなんか、たいして意味ないよ! だって肌はお尻と同じ排泄器官。口みたいに摂取できるなら、いいコスメをじゃんじゃん投入するのもアリだろうけど、そもそも肌は何かを取り入れるわけではなく、脂・汗・アカを出す部分だからね」