雨の中、お弁当を買って自宅マンションに帰宅した有森と片嶋監督

 9月下旬の夜8時過ぎ、雨がしとしと降る中を寄り添って歩く男女が現れた。ふたりが入ったのは、有森也実の住む都内の高級マンション。長髪を後ろで束ねた渋めの男性が先導してエントランスに入り、手慣れた様子でオートロックを開ける。男の正体は、映画監督の片嶋一貴氏だ。

「昨年公開された片嶋監督の『いぬむこいり』は、過激な濡れ場シーンで話題になりました。主演したのが有森さんで、全裸の体当たり演技には驚きましたね。監督はこれまでに『たとえば檸檬』『TAP 完全なる飼育』といった作品でも彼女を起用しています」(映画ライター)

 映画での活躍も多いが、有森の名が広く知られるようになったのは'91年に放送された月9『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)だろう。柴門ふみのコミックが原作で、最終回の視聴率が32・3%を記録した大ヒットドラマだ。

放送直前の'90年に行われた『東京ラブストーリー』の制作発表。左から江口洋介、有森、鈴木保奈美、織田裕二、千堂あきほ

「織田裕二が演じる地方出身の優柔不断な会社員・カンチと鈴木保奈美が演じる奔放な女性・赤名リカの恋愛ドラマです。バブル真っ盛りのイケイケな時代で、リカの“カンチ、セックスしよ!”というセリフが流行語になりました。

 この伝説のトレンディードラマが、10月期のフジ月9『SUIT/スーツ』で織田さんと鈴木さんが27年ぶりに共演するのに合わせて、再放送されました。いま見ると、ハイレグ・ワンレンで肩パッドという当時のファッションが懐かしいですよ(笑)」(テレビ誌ライター)

 若いOLの心をつかんだドラマだったが、有森の演じた関口さとみは“損”な役柄だった。カンチに思いを寄せるリカのライバルで、女性たちから総スカン。

「あのころはリカみたいに本音を隠さない自由な生き方が憧れだったんです。さとみは清楚でおとなしい性格なんですが、カンチを横取りするやり方がズル賢いと反感を買いました」(スポーツ紙記者)

 今でもツイッターには《有森也実、大嫌い!》というツイートがあるくらい、さとみ役は有森のイメージを決定づけてしまった。