『粕屋新光園』で右手を上手に動かす訓練をする子どもを笑顔で優しく見守られたご夫妻(9月25日)

 9月21日、皇太子ご夫妻は『敬老の日』にちなみ、東京・墨田区の特別養護老人ホーム『東京清風園』を訪問された。

「園長から施設概要の説明を受けた後、入所者やデイサービスの利用者のレクリエーション活動やリハビリ、手芸クラブの活動をご覧になっていましたね」(皇室担当記者)

 このご訪問は、天皇・皇后両陛下が長年続けられてきた『敬老の日』にちなんだもので、'15年からは皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻に引き継がれている。

雅子さまは腰を落とし、入所者の目線に合わせてお話しされている姿が印象的でしたね。リハビリに励んでいる人には、“運動されると気持ちがよろしいですか?”などとお声がけもしていただいて、みんな感激していました。

 手芸に取り組む様子を見学されていた際には、利用者のひとりから手作りした“アルパカのマスコット”をプレゼントされた雅子さまは、うれしそうにされていましたよ」(施設関係者)

 ボランティアの指導者がいるなど、地域の結びつきが強いことに感心されていたという皇太子ご夫妻。

 9月25日からは1泊2日の日程で、『世界社会科学フォーラム』の開会式への出席や、昨夏の九州豪雨の被災地を視察されるために福岡県へ。

 25日の午後には、手足や身体に機能障害がある児童のための医療施設『福岡県立粕屋新光園』に足を運ばれた。この施設の園長である福岡真二さん(56)にそのときのご夫妻の様子を聞いた。