麻木久仁子 撮影/山田智絵

突然、右手と右足にしびれが出たので、慌てて病院に行きました。それで脳のMRIを撮ってもらったら、脳梗塞(のうこうそく)が見つかったんです

 '10年、タレントの麻木久仁子(55)は48歳のときに、脳梗塞を発症。幸いにも軽度で後遺症は残らなかったが、これまで大きな病気を1度もしたことがない彼女にとっては、意外な出来事だったという。

「私もついに病気をするような年齢になったんだなと自覚しましたね。このとき、身体をいろいろ検査したのですが、脳梗塞につながる動脈硬化や高血圧などの生活習慣病は何も出てきませんでした」

 これからはきちんと健康管理をしようと思い、翌年には人間ドックを受診した。

それまでは忙しさを言い訳にして受診しないとか、マンモグラフィーは痛いから今回はやめるとか、とにかくいい加減だったんです(笑)。でも、そのときはまじめに受診して、オールA判定で50歳という大台を気持ちよく迎えようと思っていました。だから、悪いところが見つかるなんて思ってもみなかったんです

 この人間ドックで乳がんが発見されてしまう。

「最初に診てもらったとき、しこりがはっきり確認できないような段階で、精密検査をするために国立がん研究センターに行きました。すると、左右の乳房からがんが見つかったんです。もう少し早かったら小さすぎて見つからないし、もう少し遅かったら進行した状態で見つかるし……。見つかるギリギリの大きさでの早期発見だったので、本当にタイミングがよかったんだと思います

 “がん”は病名を聞くと、死を連想してしまう病気。だが、彼女は笑顔で乳がんについて語った。

「ラクって言っちゃったら変なんですけど、私の場合、転移もなかったので、がん治療はそこまで大変じゃなかったんです。がんが見つかった後は、部分切除して、放射線治療、ホルモン治療を約5年間続けました。

 その際、不調として表れたのはイライラと体重増加、それと身体が火照(ほて)る症状が出るホットフラッシュ。でもちょうど更年期だったので、その症状なのか薬の副作用なのか、わからなくて(笑)。だから、がんになっていなくても同じような症状に悩まされたのかなって軽い気持ちで乗り越えることができました。深く考えないで、“こんなもんだろ~”と思えたのがよかったのかもしれません