岩田剛典 撮影/廣瀬靖士

 事故で車イス生活となっていた、高校時代の初恋の先輩である建築士の樹と偶然再会し、再び恋するインテリアコーディネーターのつぐみ。“好き”だけでは越えられない壁にぶつかりながら、互いへの思いを深めていくふたりの姿を描いた映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』。

 人気漫画『パーフェクトワールド』を映像化した今作を「ド直球の王道ラブストーリー」と語る岩田剛典(29)が、主人公の樹を演じている。

「障がいのある役柄は初めて。樹のモチーフになった阿部さんに撮影に入る前にお会いできました。そのあと、現場にも来てくださったので、そのたびにコミュニケーションをとらせていただいて。どんなことに不便を感じるのかとか、生活の実態を具体的に教えていただきました。あとは、撮影以外でも車イスに座る生活を体験することで、少しずつ樹という役柄に入っていったように思います」

 合併症で命を失うリスクもある自分が、パートナーとなる女性との未来を考えてはいけない――、そう考える彼を変えていくのが、杉咲花演じるヒロインのつぐみだ。

「つぐみのいちばんの魅力は、まっすぐにひとりの人を思い続けるところ。事故の後、障がい者という目で見られている自分に対して、久々に出会った彼女は事故の前を知っていて、当時と同じ接し方、同じ目線で話してくれる。生きる希望というか、新たな日々の活力をくれるつぐみは、救世主のような存在だと思う。そういうつぐみに自然と惹かれていった樹に共感ができました」

 つぐみを傷つけたくないという思いから、彼女を遠ざけようとする樹。もし、同じような立場だったら?

「自分なら、はっきり言わないかもしれない。そうすることで、選択肢の幅が狭くなっていくことがわかっているから。必要以上に伝えなくてもいいことは自分の中にとどめているタイプです。恋愛に関しては、相手の行動を待つ樹とは違って、自分から先に動きます。好意を知ってから、なんとなく好きになっていくってことはないかな……

 今作では、「これが最後(笑)」と語るブレザーを着た高校生役にも挑戦!! 図書館でつぐみに名前を聞く場面でのキラッキラの笑顔にキュンとさせられるはず。

「男子校だったので、あんなシチュエーションになることがなかったです。いいですよね~。当時は、図書館に行くこともなかったな。読書よりも、身体を動かしているほうだったので。経験できなかったことを、時を越えて体験できてラッキーでした(笑)」