読むだけでも楽しい、POP類。これらがSNSを通じて全国に広まり、『ひまわり市場』の名を上げている

 全国には、厳選した品ぞろえや趣向を凝らしたPOPづくりで多くのお客さんをトリコにしているスーパーが存在する。行って楽しい&買って嬉しい、魅力たっぷりのご当地スーパーをこぞってご紹介♪

名物POPがお出迎え『ひまわり市場』が激アツ!

「北海道から届いた特大の新サンマが特売です!“特売が特大”!!」

 山梨県北杜市で地元の人を笑顔にすると評判なのが『ひまわり市場』。店内に入ると響き渡るのは、社長みずからが握るマイクから飛び出す熱い言葉。声につられて鮮魚コーナーに向かうと、まぶしく輝く大きなサンマが、どーんと3箱。そこには、「旬を味わう。それは、人類の権利と義務である」といった強烈なPOPも添えられ、初めて訪れた客は思わず2度見!

 そして、鮮魚の品ぞろえの豊富さと贅沢さに驚くこと必至だ。

「専門のバイヤーが、浜直送の鮮魚も含め、旬のものを全国から仕入れています。精肉や野菜なども同じ。品質がよく納得できる価格の品を、自由に、でも責任を持って選んでいるんです」

サバのみそ煮は即、完売!

 マイクを脇に語るのは那波秀和社長。確かにどこを見ても品ぞろえがハンパない。地元産野菜はもちろん、ハムコーナーには山形「平田牧場」、乳製品コーナーには島根「木次乳業」など、都心の高級スーパーに並ぶような商品があちこちに。土日の目玉商品「歴史的メンチカツ」をはじめ、惣菜にも手を抜かない。

 品ぞろえの秘密は、手間ひまを惜しまないこと! それは名物社長の“炎のマイクパフォーマンス”や、独自のセンスが光る“魂のPOP”にも現れている。

「効率化を考えるのではなく、売り上げが出ればさらに品数を増やしスタッフも増員する。普通のスーパーの逆張りですね(笑)」(那波社長、以下同)

こちらも人気の松阪牛と、ネーミングが秀逸な黒豚の「歴史的メンチカツ」は450円(税別)

 確かに、客も多いがスタッフの数も目を引く。客が商品選びに迷っていたら自然に声をかけ、常に品出しに気を配る。買い物を楽しむ客はもとより、スタッフがいきいきとしているのも特徴だ。

 にこやかな女性スタッフが「緑の帽子の制服は私たちの要望で決まったんですよ」と教えてくれた。60代? お肌がツヤツヤ!

「人が幸せになるために会社があると思っています。だから、『ひまわり市場』に関わるのが楽しいと思ってくれる人と働きたい」