『SUITS/スーツ』 (c)フジテレビ

 織田裕二の10年ぶり“月9”主演作が初回視聴率14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の好スタートを切った。原作がアメリカのヒットドラマで鈴木保奈美との27年ぶり共演など話題の日本版誕生の舞台裏をプロデューサーに直撃!

日本版制作に交渉7年! 織田&保奈美は“偶然”

 全米で人気の弁護士ドラマが原作。英国のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークルが出演していたことで知られる。

7年ほど前『スーツ』の初回で(主人公の)ハーヴィーと(バディ役の)マイクが出会うシーンを見た瞬間、この作品を日本でもできないか? と思ったんです。さっそく交渉を始めましたが、アメリカサイドとの条件面をクリアするにあたり、とても高いハードルがありました。時間ばかりが過ぎ、断念すべきかもと思いました。ただ、どうしてもあきらめたくなかった。粘り強く交渉を続けていくうちに、可能性が出てきたのは2年ほど前。そして、ようやく制作が決まりました」

 と、後藤博幸プロデューサー。

 織田裕二が、主人公の敏腕だけど傲慢な弁護士・甲斐役を演じ10年ぶりに“月9”主演。甲斐のバディとなる、驚異的な記憶力の持ち主の天才フリーター、鈴木大貴(のちに大輔と名乗る)は、織田とは初共演の中島裕翔が演じる。

キャスティングは、ハーヴィーとマイクの風貌に寄せるのではなく、キャラクターを表現できる俳優を考えました。そして、織田さんと中島さんしかいないと確信して打診。奇跡的に快諾していただきました」(後藤P、以下同)

 甲斐が唯一、頭の上がらない上司、チカ役を演じるのは鈴木保奈美。織田とはヒットドラマ『東京ラブストーリー』以来27年ぶりの共演だが、実は“偶然”という。

「“話題作りのキャスティング?”と言われますが、恥ずかしながら、そこに考えが及びませんでした(笑)。チカの役は、原作では甲斐よりもずっと年上。でも、本作では同年代にしたいと思いました。そして浮かんだのが保奈美さん。キャラを踏まえ、ピュアな気持ちで考えているうちに保奈美さんに演じてほしい、と」

 唯一、見た目が原作のイメージに近いと選んだのが、甲斐のライバル役の弁護士・蟹江役の小手伸也。

「原作のルイスは、抜群に愛すべきキャラクター。小手さんは体形も雰囲気もルイスによく似ていて、コミカルな感じも見事に表現してくれています」