嘉門タツオ '59年3月25日生まれ。『替え唄メドレー』などのヒット曲で知られるコミックソングの第一人者

 有名人たちも「死の準備」をしているのだろうか。シンガー・ソングライターの嘉門タツオが、7月にちょっと気になるCDを発売した。

「お坊さんから“お墓参りに行く歌を作ってください”と依頼されたんですけど、意外にスッと『終活三部作』ができたんですよね」

 と、話すのは嘉門タツオご本人。

父と幼馴染のお葬式をプロデュース

 '91年、シングル『替え唄メドレー』が86万枚の大ヒットとなり、翌年には紅白歌合戦に初出場を果たす。その後も「チャラリーン! 鼻から牛乳」などのヒットフレーズを生み出してきた嘉門が今年、『墓参るDAY♪』『旅立ちの歌』『HEY! 浄土』をリリース。彼はこの3曲を『終活三部作』と名づけた。

「発売後は、『月刊住職』『月刊石材』『寺社ナウ』から取材を受けました(笑)。不謹慎なことをやってきた自負はあります。だから、やりすぎずに顰蹙(ひんしゅく)を買わない微妙なラインをつくのは得意なんです。

 確かにお墓参りに行く歌はあったほうがいいなと思っていたし。いろんな経験を積んできた今だからこそ、違和感なく作れたんだと思います」

 死を笑いに昇華した楽曲『終活三部作』の誕生には、彼自身が経験した“終活”が大きく影響しているという。

「'05年、僕の父親が食道がんを患って、余命宣告を受けました。そのとき亡くなる18日前から弟が父親の姿をビデオで撮影し始めたんです。

 不思議なもので、病人ってカメラを向けると元気になってサービスしてくれるんですよ。“この映像、残るんや”とか思うんでしょうね。

 自分が高校生のときはどうだったとか、饒舌に話してくれた。亡くなる数時間前の姿も映っていて、“エエ人生やった。これからもまだ頑張る!”とか言いながら死んでいったんです。20時間くらい撮ったVTRを僕が20分くらいに編集してお葬式で流しました