大恋愛 (c)TBS
 若年性アルツハイマーに侵された産婦人科医と、その彼女を支える元作家が織りなす10年にわたる純愛ストーリー。戸田恵梨香とムロツヨシによるカップリングや10年愛の狙いとは─。

闘病も描くが、明るく前向きなラブストーリー

 若年性アルツハイマーに侵された女性と、彼女を支える男性との10年間を描いたラブストーリー。脚本は『セカンドバージン』などを手がけた大石静のオリジナル作。

「記憶をなくしていく、自分が誰かもわからなくなっていき、愛する人の顔もわからなくなる……。もし自分がそうなったら、もし周りの人がそうなったら?

 考えただけで胸が痛くなるような状況です。

 でも悲観的にならず、ひたむきに一生懸命に生きる主人公たちの姿を通して、人を思うことの大切さや美しさを明るく切なく描いていきます

 と、宮崎真佐子プロデューサー。

 産婦人科医として働いていたが、若年性アルツハイマーに侵されていくヒロイン、尚を戸田恵梨香、尚を明るく健気に支えていく元小説家の真司をムロツヨシがそれぞれ演じる。

尚役は早い段階から圧倒的な演技力のある戸田さんに、と思っていました。病に侵され、笑顔や表情が変わっていく尚を繊細に演じてくださっています。

 相手の真司役のムロツヨシさんも希望どおりです。尚の闘病する姿も描いていくので、ともすると、深刻になりがちです。そうならないために、真司は明るく、笑わせながら支えてくれるキャラクターにしました」(宮崎P、以下同)

 物語の題材のアルツハイマー病について、出演者はそれぞれ事前に勉強してから撮影に臨んでいる。

 戸田は尚役を演じることについて、こうコメント。

すごく難しい役だな、と思いました。台本を読んでも尚がどんな女性なのかをつかむのに時間がかかりましたし、撮影に入ってからだいぶたちますが、いまだに難しい役だなと感じています

 ラブストーリーに本格的に初挑戦するムロは撮影前“この役、本当に自分が演じていいのだろうか?”とコメントしていたが、初回放送後は“カッコいい”“最高”と好評で、視聴率10・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマークした。

真司の先輩の木村役は、設定の引っ越し業が似合う方をイメージして、(サンドウィッチマンの)富澤たけしさんをキャスティングしました(笑)。富澤さんに受けていただけたので、当初より木村の役割が膨らみ出番を増やしています。

 逆に、尚の母親役は、お母さんぽいイメージがない方がいいと考え、草刈民代さんにオファーしました」