木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』テレビ朝日系 木曜夜9時~ (c)テレビ朝日

 人気シリーズ『ドクターX』で“私、失敗しないので”と決めゼリフを吐く大門未知子がハマリ役の米倉涼子が、弁護士資格を剥奪された“失敗した女”で新境地に挑んでいる。高視聴率スタートした新作ドラマの裏側について長年タッグを組むプロデューサーが激白!

最後はVサインで終わりたいね

 天才外科医・大門未知子の活躍を描いた人気ドラマ『ドクターX』シリーズに主演した米倉涼子の新作リーガルドラマ。

私から“ぜひ新しい挑戦をさせてください”とお願いして、スタッフのみなさんと相談しながら実現しました“最後はVサインで終わりたいね”という願いを込めています。『ドクターX』のイメージを変えたくて髪も約20センチ切り、人生最短にしました」(米倉)

 主人公は、弁護士資格を剥奪された小鳥遊(たかなし)翔子。翔子はワケありの弱小弁護士事務所を立ち上げ、メンバーに檄(げき)を飛ばしながら、どんなに不利な訴訟でも“V”(Victory=勝利)のため突き進んでいく。

 翔子がかつて所属していた法律事務所の弁護士で元恋人と噂(うわさ)される海崎役を向井理、翔子のバディの弁護士・青島役を林遣都、翔子の誘いに乗り事務所代表になった京極役を高橋英樹が演じ、顔ぶれも一新。

 初回15.0%、第2回 18.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と高視聴率で上々の滑り出しに。

撮影開始当初、米倉さんはちょっと苦しそうでしたね。大門未知子役が長く、プライベートも未知子っぽくなっていたので、役を脱ぎ捨てるのは思いのほか大変だったようです

 ご覧になった方からは、未知子とどこが違うのか、一方で応援する声もあって賛否含めて見ていただき、ありがたく思っています。“ポチ”とあだ名をつけて連れ回し、こき使っている青島とのコンビを楽しんでいる方も多いですね」

 こう話すのは、米倉の出世作『黒革の手帖』以来、タッグを組む内山聖子エグゼクティブプロデューサー。

 組織の忖度(そんたく)や“御意”をぶち破ってきた“失敗しない女”未知子は一匹狼のように生きていたが、“失敗した女”翔子は仲間たちとチームを組み、資格や肩書がないからこそできることに奔走していく。

仕事でも社会でも人間関係でも、どんなに頑張っていても、人は失敗するもの。米倉さんには、年齢を重ねてきて失敗を乗り越える役を演じてほしいと思ったんです。

 弁護士という肩書を失ったからこそできることもあるし、周りを成長させることもできる。

 この設定には上司が率先してやってしまうのではなく、部下に頑張ってもらい、いい作品を作りたい私自身の願望も込められています(笑)」(内山EP、以下同)