三浦春馬 撮影/伊藤和幸

相思相愛の演出家と再びタッグを組む

 現在28歳、男っぽさが増して大人の俳優としてより魅力を発揮している三浦春馬さん。

 '17年にはミュージカル『キンキー・ブーツ』で第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞するなど舞台俳優としても高い評価を得ている。

 その三浦さんが次にチャレンジする舞台は、ロシアの文豪ドストエフスキー原作の『罪と罰』。帝政ロシアを舞台に、“正義”のためなら人を殺す権利があると考え、殺人を犯す主人公の青年ラスコリニコフを演じる。

正直、原作は読み解くのが難しい作品。僕にとっても挑戦です。でも、お客様には難しい題材ということで遠ざけないでほしいと思っていて。脚本では見る人の気持ちをつかんで後半に運んでくれるようなスリリングな展開になっていますし、主人公と取り巻く人間の心の機微、善と悪に揺れる心の右往左往みたいなものがしっかり感じとっていただけるような内容になっていて、僕も読んでいてすごく面白いと思いました」

 '15年に上演された『地獄のオルフェウス』に続き、英国人演出家フィリップ・ブリーンと再びタッグを組むことも注目。

「フィリップとまた一緒にやりたいという思いはもちろんありましたし今回、新たな可能性を提示してくださったのが本当にうれしかったです。自分で言うのもなんですが稽古場で成長できたことを1度経験しているので、『罪と罰』のような難しいといわれている題材でも不安はないです。役どころの思いだったり確固たるものが毎日の稽古で見えてくるんだと思うんですよね。一緒に挑戦できることにワクワクしてます

 信頼する演出家とともに難役にどう取り組むのか。

「今回は、神話や聖書を読んで勉強することも必要になってくるなというのはあります。それと身体的表現。先日来日したフィリップが開いたワークショップで、いろいろな話を聞かせてもらったんですけど。例えば“このキャラクターを何かにたとえるとしたら何だろう?”って話になって。それは動物なのか動かない物なのか……。“何だと思います?”って聞いたら、すぐに答えが返ってきて。“あ~なるほどな~”って。僕はまったくそういうイメージが湧いていなかったんだけど、その答えをもらってその生物の研究をしなきゃなと。

 それが何かはネタバレになるから教えられないけど(笑)、ある感情の爆発的瞬間とかには、すごく助けになるんじゃないかと思います。あとは、自分を特別視する心の動きとかメカニズムを勉強したほうがいいだろうなとも思う。それは例えば、コールドリーディングというのがあって、会話のなかで相手のことを読んで、こちら側に引き寄せるみたいなテクニックとか。

 それから、彼の生い立ちだったり興味のあること、姿勢だったり声の発し方だったり、ト書きに書いていないところも僕なりに出していければいいなと思ってます。いろいろ試したくって。やっぱり'15年にフィリップに教えてもらったときの僕ではなく、いろいろなことに触れてきた今の自分がどんなものを届けられるかっていうところで尽力していきたいので」