東出昌大 撮影/森田晃博

「“役を抜く”という作業は、僕はもちろん役者さんはみんな苦心しているところだと思います。例えばコメディー作品では、撮影後に共演者の方と食事をしていても“この作品だから楽しくごはん食べられるよね”って言っていられるけど、内容が重い作品になると本番以外でもそう和気あいあいとできないので。そういう意味では、今回の役は日常にもガッツリ影響しています(笑)」

 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』のほか、主演映画『寝ても覚めても』など出演作品が続々公開され、今年も大活躍の東出昌大(30)。そんな彼が“今までの仕事の中で最大の試練”と挑むのは、三島由紀夫原作の舞台『豊饒の海』。

 実は、東出が舞台に立つのは3年ぶり、2度目となる。

「3年前の初舞台では、すごく緊張したのを覚えています。しかも初日にセリフが飛んでしまい、それからは頭真っ白! でも演出家さんが駆け寄ってきて舞台袖で“大丈夫だから”と肩を抱いてくださって。いま思えばすごい経験を1回目からしたなと。何が起きるかわからないのが舞台の怖さであり、面白さだと思います」

 それ以降、“舞台はやりたくはないけど、必ずやらねばと思っていた”と東出。そんなときに舞い込んできたのが今回の話だった。

「三島作品をやると聞いて喜びもつかの間、それが『豊饒の海』と聞いて“マジか~!”って(笑)。三島作品の中でも最も舞台化が難しい原作だと思います。大河ドラマくらいの枠がないと映像化できないほどの重厚なストーリー。それを舞台でやると聞いて、最初は恐れおののきました。たとえるならば、よく24時間テレビなどで見る30人31脚競走を1キロ走るみたいな(笑)。いち原作ファンからすると、そのくらいの試みなんです」

 とはいえ、30歳というひとつの節目で三島作品に携われることに喜びを感じているようで、

チャレンジングなことであり、人間的に大きくなれるチャンスかなと。山崎努さんの『俳優のノート』という本に、舞台『リア王』をやったときにセリフを全部カセットに録音して持ち歩き、お寿司屋さんに行ってもそれを聞いてて奥様に怒られたというエピソードがあって。この舞台は、そのくらい私生活に食い込んでないとできない仕事になりそうです。全力で挑みたいと思います」