樹木希林さん

 四十九日を終えた今でも、樹木希林さんが遺した言葉は輪のように広がり続けている。

「10月29日、朝日・読売新聞の朝刊に、希林さんの言葉が並んだ2種類の見開き全面広告が掲載されました。《サヨナラ、地球さん。》《あとは、じぶんで考えてよ。》という彼女のメッセージに、ネットには“粋だ”“永久保存です”などのコメントが多数、アップされて大反響だったようです」(スポーツ紙記者)

母・希林さんの言葉

 この広告を企画した宝島社の制作メンバーは、こう話す。

「過去に企業広告にご出演いただいた縁もあり、追悼の意を込めてご登場いただきました。死生観、人生観、恋愛観、仕事観……。希林さんが残した数々の言葉をもとに、世の中に向けて、彼女からの最後の言葉として2つのメッセージを作りました。

 どう生きるか、どう死ぬかについて、改めて深く考えるきっかけになれば幸いです」

 希林さんの死後に公開された映画『日々是好日』で共演した黒木華と多部未華子には、言葉ではないメッセージを残していた。

「希林さんは黒木さんが通う茶道の先生役なのですが、茶道のアドバイザーに“頭蓋骨からひざまでがんが進行していて余命が年内なの”と告白。

 “この映画に残されたエネルギーと時間を使っていきたい”とも言っていました。仕事に対する熱い姿勢に、黒木さんも多部さんも感動していましたよ」(テレビ誌ライター)