20150407 kobayashi (1)


紅白歌合戦33回連続出場。大がかりな舞台衣装で毎年注目を集めていた国民的歌手・小林幸子。しかし事務所騒動をきっかけに大バッシングにさらされレコード会社契約解除、紅白落選という憂き目に。あれから3年、不遇の歌手人生を送るはずの小林はそれどころか若者に"神"と慕われる存在になっていた


吹き荒れたバッシングの嵐

 2012年4月─。小林はある決断をした。それは、個人事務所になって25年、それ以前を入れると33年間ビジネスパートナーだった事務所社長と専務のふたりとの別れだった。

 それを機に、テレビのワイドショーや週刊誌で小林バッシングが巻き起こる。原因のひとつとされたのが、前年に結婚した小林の夫が、小林の活動に意見するようになった、ということだった。

 このお家騒動に、芸能界でも賛否両論の意見が飛び交い、また小林が友人に送ったメールの内容が暴露されるなど、泥沼化していった。

 "芸能界のオキテ破り""恩を仇で返した……"。そして小林に向けたバッシングは、具体的にその姿を現していく。新曲の発売が無期限延期、レコード会社とは契約解除。そして、33回連続出場してきた紅白落選─。

「ありもしない話がまことしやかにどんどん流れていった。本当に悔しかった。紅白に出場できなかったことよりも、そんなふうになってしまったことが悔しかった。芸能界特有の洗礼とでもいうんでしょうか。50年間近くやってきて、初めて受けた歪んだ洗礼……」

と小林は言葉を濁す。

 小林のスタッフ歴26年になる幸子プロモーションの取締役統括本部長・山村直暉(49)が言う。

「長年連れ添った夫婦が離婚するとき、それぞれいろんな理由があると思います。どこかで価値観の違いが出てきてしまったのかもしれません。小林は自分を高めたい、もっとこういう表現をしたいという思いが絶えずある。一方で、そちらに比重がかかってしまうと運営がおろそかになる。そのバランスが崩れているのは、僕らも感じていました」

 そのアンバランスが、小林には我慢できなかったのだ。

「私が生きている中で優先順位が変わってきていた。まだ経験していない世界にも進んでいきたい、表現者としてクリエーティブでありたい」

 そのやりたいものの頂点が、昨年11月に行われた日本武道館コンサート『50周年記念小林幸子in武道館~夢の世界~』だった。

「私のデビュー直後にビートルズのコンサートが武道館でありました。そのときから、武道館での単独コンサートは夢でした。以前の環境の中では、たぶんできなかったでしょう。─でも、事務所スタッフ、コンサートスタッフは以前と変わっていないんです。それが、今はっきり言える私の答えなんです」