20150414 tao (2)


「毎朝電車に乗って、駅からNHKまで歩いているんですけど"出勤"しているみたいで。こんなに毎日、朝から晩まで撮影することは初めてです」

 3月30日から始まった、朝ドラ『まれ』のヒロインを演じている土屋太鳳。役そのままの弾ける笑顔でインタビュー、スタート! 主演ということで注目されるけど、プレッシャーは感じる?

「緊張はするんですけど、どういうことをプレッシャーとかストレスというのかわからなくて(笑い)。疲れたり、いま寝たいな、とか思うときはありますけど、全力で走り続けるだけだな、と思っています」

 主人公のまれの印象は? どんな女の子?

「すごくまっすぐで不器用、そして愛情が深い女の子です。でも、意外と甘えん坊だったり、すぐにへこんでしまったり……。女性から見て、共感しやすい女の子だと思います」

 自分と共通している部分は何かあると思う?

「まれちゃんは感情よりも先に言葉が出てしまう時があるんですけど、そんな部分がちょっと似ているかも。お互い、一緒に気をつけようねという感じです(笑い)」

20150414 tao (1)
撮影/伊藤和幸 ヘアメーク/太田年哉 スタイリスト/中村安考

 まれは世界一のパティシエを目指して修業するけど、自分自身はお菓子作りは得意?

「いつもはクッキーとかチョコとか、周りの人にたくさん差し上げられるものを作ります。チョコを使ってブラウニーとかも作りますよ。食べてもらう人の好みとかを聞いて、少しずつレシピを変えたりして。みなさん、すごく喜んで食べてもらっています!」

 そんな手作りケーキを食べられる人がうらやましい……。そういえば、今年の2月で20歳になったけど、何か心境の変化はあった?

「ん〜……。実感はあるんですけど、でも、ないような(笑い)。まだ20歳らしいことは何もできていないんですよ。でも大きな節目として、少しずつでいいから自分の心をたくさん知って、たくさん使って。大人になるために一歩一歩踏み出せればと思います。あと、たくさんいろいろな所へ行って、人と会って。恋愛も含め、人を好きになる気持ちをもって大切にしていきたいですね」

 では、これからの抱負を!

「ハードなスケジュールの中、体力には自信があるんですけど、今回は気力も大事になってくると思うので、オンとオフをしっかりつけて、まれちゃんとして作品に向き合っていきたいと思っています。よろしくお願いします」