20150505 yuchon (2)
漁船上で繰り広げられる、むき出しの感情のぶつかり合い。その中で、育まれていく恋。極限状態でのキスと、言葉を失う美しく切ないラストシーン。


コメディーからシリアスまで数々のドラマに主演し、確かな実力を発揮。JYJのユチョンとはまた違う、俳優としての輝きを見せるパク・ユチョン。その彼が、韓国を代表する名監督ポン・ジュノが初めてプロデュースした、極上のサスペンス大作『海にかかる霧』(4月17日よりTOHOシネマズ新宿にて先行公開。4月24日より全国ロードショー)で、本格映画に初挑戦!


 今作で"映画界に素晴らしい俳優がひとり増えた"と称賛され、韓国内で数々の新人賞を獲得したユチョン。

「そばにいてくれる人をふだんから大切にすべきだということに、撮影しながら気づきました。この作品を見て、自分でも気づかなかった心の痛みが癒されたと思えるような、そんな作品になっていればうれしいです」

 そんな彼に、映画出演についての質問をしてみた。

20150505 yuchon (3)


出演を決めた理由は?

「台本を読んだときの、全体的な雰囲気が気に入りました。作品が放つ独特の雰囲気が。そして、監督や先輩俳優の名前を聞いて、共演できることが純粋にすごくうれしかったのも理由のひとつです」

演じる船員のドンシクとは?

「純粋な青年です。優しくて、情が深く、正義感のある。そして、平凡な。彼は、ホンメという女性と出会い、恋に落ちます。ホンメのために最後まで奮闘し、正義を貫き通しますが、それが本当に正義なのか、それとも利己的な判断なのか……。撮影が終わると、よく出演者でワインを飲みました。オフの時間も含め、たくさん話をしたので、感情表現が自然にできたと思います」

役作りで大変だったのは?

「方言ですね。撮影前はもちろんですが、撮影中も練習を続けました。時間があれば、監督の部屋に集まって、ホンメを演じたハン・イェリさんともいっしょに練習しました。もうひとつ、船内での撮影で、船酔いがキツかったです。慣れないと自然な船員の姿に見えないので。でも、時間がたつにつれ居心地がよくなって、出番のないときには厨房でラーメンを作ったりもしました」