20150421 tanahashi (15)


いま、プロレスが熱い! それも女性のあいだで熱い! 闘うマッチョな男たちに萌え萌えな女性たち。中でも、ひときわ熱い視線を受けるのが新日本プロレスのイケメンレスラー・棚橋弘至だ。プロレスの人気絶頂期に入団するも暗黒時代に突入。苦難の時代を知る男が新しいプロレスの扉となって、今日も四角い戦場に立つ!


 ’95年春、棚橋弘至は立命館大学法学部に入学した。受験シーズンを前に、両親はユニークな行動をとっている。

「弘至の前に30万円の札束を積みました。これで、好きな大学を受けなさいって」

 棚橋は福井県立大学や愛知大学、名城大学にも合格していたが、自ら京都で学ぶことを選ぶ。進学に際しては、父が巻き紙に筆書きの手紙をくれた。棚橋は、その内容をずっと忘れずにいる。

 彼は述懐した。

「"誰が人生の主役かを考えて頑張れ"と激励してもらいました。親父の手紙が新しい生活の支えになりました」

 胸中にプロレスラーへの憧れはあったが、現実的には「スポーツ新聞の記者になろう」と考えていた。そのうえでの選択が立命大だった。

 もっとも、彼の古い仲間からは、こんな話が─。

「高校時代のカノジョが先に関西の大学に進学を決めたんで、タナは慌てて京都の大学を受けたんじゃないかな」

 脱線ついでに、棚橋の愛妻は中学の同級生だ。友人たちの情報を公開しよう。

「彼女はタナの初恋の相手。クールな感じの子です。だけどタナは3回アタックして、3回ともフラレていた」

 それでも、棚橋は初志貫徹してゴールインしてみせたのだから、かなり粘り強い。いや、この「夢をあきらめない」姿勢こそ、レスラーとしての彼のかけがえのない特徴になっているのだ。