20150602 kokoriko 600315 (2)


お笑いコンビのココリコが司会を務めるバラエティー番組『いきなり! 黄金伝説。』(テレビ朝日系毎週木曜夜7時放送)が、丸15年を迎えた。前身の深夜番組『ココリコA級伝説』からゴールデンタイムの看板番組の顔となったココリコの遠藤章造(43)、田中直樹(44)が振り返る―


―まずは、番組が丸15年を迎えた感想からお願いします!

遠藤 15年も続くとは思わなかったので、これもいろんな人のおかげで、感謝しています。ひとつひとつの企画、伝説の積み重ねの結果だと思う。20代でスタートしたこの番組は変わらずにあるけど、オレ自身は結婚して、子どもができ、離婚して、いろいろ変わりました(笑い)。

田中 深夜からやってきた気持ちと大きく変わってないです。1回1回が必死で、気づいたらゴールデンで丸15年がたっていました。深夜の2人から始まって、放送時間が変わってからは、榊原郁恵さん、松居直美さん、よゐこ濱口さん、タカトシ、オードリーとメンバーが増えていった。スタッフ含めて、いろんな人に支えられて続けてこられたとあらためて思います。

―濱口さんの"獲ったど~"は、番組の代名詞にもなっています。

遠藤 いいキャッチフレーズを作ってくれたと思うので、ありがたい。

田中 番組のイメージがわかりやすいし、内容の幅もグンと広がったと思う。

―サバイバル企画は中村獅童など出演希望者もいるが、惹きつけるのは?

20150602 kokoriko 6090 (2)

田中 ガチだからだと思います。大変だけど、くだらないことを一生懸命やり、その先に何が待っているのかという番組のコンセプトに興味を持っていただけたのかな。

遠藤 ドキュメンタリーみたいなところもありますよね。

―これからやりたい伝説は?

遠藤 オレの生きざま伝説じゃないけど、新しい家族をつくる様子をやってもいいかも(笑い)。

田中 おじさんと言われる年齢になって、いろんなことにチャレンジして、今の僕らがどれだけできるのかというのも面白い。

遠藤 いちばんしんどかった企画を出演者同士でシャッフルして、挑戦するのもいいかもね。