「アクションシーンは好きです。身体を動かすのは楽しいし、日常生活で男の人を殴って倒せる機会なんて、そうそうないですからね(笑い)」

20150630 fumine (3)

 ハスキーながらもよく通る爽やかな声で明るく話すのは、女優の文音。6月20日から公開の映画『KIRI―「職業・殺し屋。」外伝―』では、キレのある華麗なアクションを披露している。

「昨年、ドラマ『SAKURA~事件を聞く女~』(TBS系)で初めてアクションシーンに挑戦しました。やるからには中途半端なことはしたくなかったので、稽古後に家へ帰ってからも、母に技を見てもらいました」

 技の指導ができるお母さんとはただ者ではないが、それもそのはず、彼女の母親は志穂美悦子なのだ。’70年代から’80年代にかけて活躍し、日本で初めてスタントや擬闘を演じた女優である。’87年にシンガー・ソングライターの長渕剛と結婚して以降、芸能活動を控えているが、当時の感覚は鈍っていないという。

「母は今でも全然動けますよ。足技などをひとつひとつ分解して、丁寧に指導してくれました。私は空手の経験がなくて"型"ができないのですが、バレエを長くやっていたので脚が高く上がるんです。そこを生かしていこう、というアドバイスをくれました」

 文音は実生活では3人きょうだいのいちばん上で"姉"という立場。弟ふたりとは仲がいいそうだ。

「6歳下の弟とは今でも映画に行ったりしますね。1歳下の弟とは双子用のベビーカーで育てられたこともあって、本当に仲がいいです。子どものころは殴り合いのケンカもしましたけど(笑い)」

 たとえ、きょうだいゲンカが始まっても、両親は止めに入らなかったという。志穂美も長渕も"強い"イメージがあるが、家庭で見せる姿もやっぱり……?

「父は昔から厳しかったですね。母に対しては亭主関白。だけど、母が"縁の下の力持ち"!をしているからこそ家庭がまわっているのであって、本当は"優しい母ありきの強い父"という感じかと」

 とはいえ、父親の影響はやはり大きい。"長渕家"の教育方針を聞いてみると、「う~ん」と頭に手をやり悩みつつも、こう答えた。

「とにかく父は中途半端が嫌いなんです。だから、"1回やったことはやりとげろ。そのためにも夢を見つけろ。自分のやりたいことを探せ"と言われて育ちました。逆に"勉強しろ"と言われた記憶はいっさいないですね」

 実際にその言葉を胸に4歳からバレリーナを目指すも、14歳でケガに見舞われ、断念することに。なんのために生きているのかと思うほど、ひどく落ち込んだという。

「それから2年間はいいことも悪いこともいろんなことをしました。何事も経験しなければわからないので。そのうちの1つにお芝居がありました。ケガをしたあとに演劇のワークショップに参加していたこともあって、高校に入ってから演劇スクールに通いました。そこでセリフをのせて全身を使って表現する、お芝居の面白さに気づきました」