自転車競技部の高校生の成長を描く同名マンガを原作とした舞台『弱虫ペダル』(通称:ペダステ)。その第7作目である最新作「IRREGULAR~2つの頂上~」がいよいよ開幕。今回はキャストたちにインタビュー。その見どころを語ってもらいました。

■巻島裕介役・廣瀬智紀くん

20151020_pedal_2_1

「今回、主演ではありますが、座長という意識はそんなにないというか。この作品はみんなで作っている感覚がすごく強くて絆が生まれています。おごたん(=小越くん)をはじめ新しいキャストも加わってひとつの絆として生まれる作品を味わってもらいたいなと思っています。

 これまでのシリーズひとつひとつの作品の中ですごく熱いものを生み続けてきて、今作のスピンオフで舞台版『弱虫ペダル』の巻島裕介としての集大成をお見せする気持ちでいま臨んでいます。

 ストーリーの中でもそうですけど、僕自身が2代目の巻島として積み上げてきたものも、ここで世代として受け渡すという感覚。今回ペダルを踏む場面が多いのですが、これまでも頑張って踏んできましたけど、リアルな思いも含め、より一層いろんな思いを背負ってこぐんだなと、稽古をしていて感じます。今までからまたひとつ越えた何かを生み出しています」

【キャラ紹介】総北高校3年生。クライマー。極端に車体を左右に傾ける独特の走法で「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)」の異名を持つ。小野田の憧れの先輩。

【プロフィール】ひろせともき/テレビ『エイジハラスメント』や舞台『ダイヤのA』などでも活躍。2013年の舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The First Resultより巻島役で出演。

■東堂尽八役・北村諒くん

20151020_pedal_2_2

「稽古場の雰囲気はこれまでと違いますね。(ひとつの集大成だった)インターハイ篇を終えて、その次の作品として今作が大切だとキャスト全員が思っていて。主演が2人ということもあるかもしれないけど、毛色が違うというか、意識としても今までと違う作品になっています。

 今回は芝居の作り方も違っています。今まではシーンをひとつずつ作ってつなげていたけど、今回はまず全部通してからひとつひとつを詰めるやり方。全体の流れや芝居のつながりを特に大切にしているんだと思います。東堂と巻島、それぞれの人とのつながりや関わりがよく描かれています。

 座長として責任も感じているし、絶対成功させたいとも思っています。もちろんプレッシャーはあるけど、それよりもみんなが力をくれるので安心できます」

【キャラ紹介】箱根学園3年生。箱根学園のエースクライマーで「山神」の異名を持つ。ナルシストでポジティブ。巻島とはライバル関係にあるが、よく電話をかける仲。

【プロフィール】きたむらりょう/モデルとしての活躍に加え、舞台や映像で俳優としても急成長中。2014年の舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The Second Orderより東堂役として出演。