s-kimurashizuka
 『アイムホーム』クランクアップ2日後の6月中旬、おしゃれなオープンカフェ『B』に、木村拓哉と工藤静香夫婦&B’z稲葉浩志夫婦の4人の姿があった。

 豪華すぎる2組の夫婦を結びつけたものは何なのだろうか。共通点といえばSMAPとB’z、ともに’88 年の結成。’00 年に放送された木村の主演ドラマ『ビューティフルライフ』(TBS系)で、B’zが主題歌を務めたくらい。

「もとは奥さん同士が独身時代からの知り合いだったと聞いています。稲葉さんの奥さんもモデルとして芸能活動をしていましたからね。それぞれの結婚後に紹介されて、木村さんと稲葉さんも意気投合したのでしょう。かれこれ10年以上の交友だとか。犬好きで同じ犬種の大型犬を飼っていたこともあって、趣味でも何かと共通点が多いのだそう」(芸能プロ幹部)

 彼らの趣味で、もっとも知られているのはやはり、

「2人とも根っからのサーファーで、ときには遠出して“籠もる”んだとか。そうそう奄美大島に有名サーフスポットと名物ペンションがあるんですが、稲葉さんもそこに宿泊して楽しんでいます。木村さんも静香さんと『アイムホーム』前に奄美を訪れているみたいですね。もしかしたら稲葉さんからの紹介があったのかも」(前出・芸能プロ幹部)

 そしてサーフィン以上に、2人がいちばん大事にする共通項が子ども、家族である。

 木村の長女は14歳、次女は12歳、そして稲葉の長男は12歳で4月から中学生になった。同時期での成長を見守り、そして男女の差はあれども多感な時期を迎える子どもを持つ父親でもある。

「女系家族の木村さんの家は、娘さんたちが徐々に父親離れをし始めているそう。インターナショナルスクールに通わせているだけに、自立心も向上しているのかもしれませんね。それでも木村さんは空き時間には率先してスクール送迎をして、コミュニケーションを大切にしているのでしょう」(芸能プロ関係者)

 一方の稲葉も、クールそうに見えてかなりの子煩悩。

「ロックなイメージとはかけ離れていますが、家では穏やかなよきお父さん。とにかく息子がかわいくてしょうがなく、ことあるごとにカメラ持参で写真を撮ってはアルバムも作っていると。自身は国立大出身の高学歴ロッカーですが、息子にも好きな将来を選んでほしいと考えているそう」(レコード会社関係者)

 ふだん父親としての顔を見せにくい職業だけに、木村と稲葉はときに悩みも話せる、互いに心強い仲間なのだろう。むしろ“同盟”といってもいいくらいに結束は固そうだ。

 さて、ふた家族によるプチ打ち上げは開始から2時間ほどで終了。やはり趣味、嗜好が似ているのか。店を出ると稲葉夫妻がカフェまで乗ってきた自転車に、木村夫妻は興味津々の様子。しばらく談笑すると、それぞれの帰路についた。ちなみに店内では、

「木村さんと稲葉さんの男性陣は、奥さん同士の会話の聞き役にまわり、笑ったりうなずいたり。個室に移動してからも、静香さんら女性陣の楽しそうな笑い声が店中に響き渡っていました(笑い)。お支払い担当は木村さんで、カードをサッと出してスマートに会計をすませていましたね」(店内で居合わせた女性客)