1日のリズムを整える以外にも、ホルモンの力を働かせる方法はあります! まずは自分の生活の中に足りないものは何かを考え、できるものから取り入れてみましょう。継続するうちに、今より若い自分が手に入るはずです。

【運動(1)〜筋トレ〜】運動のメーンはこれ! 1日5分で効果あり

 成長ホルモンやDHEAなどは、運動することによって分泌が促されます。そこでおすすめなのが、身体に負担をかけずにできる「ゆるい筋トレ」です。

①上半身の運動(ダンベル、腕立て伏せなど)

②腹筋運動(あお向けで、ひざを立てて行う)

③下半身の運動(スクワットなど)

※①〜③を1日5分。

20150217_hormone_ill_11

【運動(2)〜有酸素運動〜】リズム運動と呼吸の効果でホルモン分泌が活性

「睡眠のホルモン」メラトニンと対になって働くのが「幸せホルモン」といわれるセロトニン。お昼ごろピークになるセロトニンは、リズム運動を行うと分泌が促されます。酸素を取り入れながらリズム運動を行うウォーキングは、「幸せホルモン」を後押し。「イチニ、イチニ」とリズムをとりながら集中して歩くと効果が高まります。脂肪燃焼をさせるには、有酸素運動を筋トレの後に行うのがおすすめです。

20150217_hormone_ill_12

【食事】徹底した食事制限はホルモンにはマイナス

 ホルモンの生成には、アミノ酸、脂肪、ビタミンなどさまざまな栄養素が必要です。基本は、いろいろな食べ物をバランスよくとること。何かを偏ってとりすぎたり、極端に控えたりする食べ方はおすすめできません。おいしいと感じたものをよく噛んで、楽しく食べることで、ホルモンの分泌は活発になります。

20150217_hormone_ill_13