「日々の暮らしからストレスを完全になくすことはなかなか難しいもの。病院や整体院、マッサージなどに通い続けても腰痛がなかなか治らないのは、そのためなのです」(富永ペインクリニック・富永喜代先生、以下同)

 そこで、痛みが長引きやすい“原因不明”の腰痛を改善すべく、『金スマ』出演で大注目の富永先生が、この特集のために特別に考案してくれた、“100円グッズ”を使った7つのトレーニングを紹介しよう。ただし、このトレーニングは3か月以上、痛みの続いている人に向けたもの。

急性腰痛や原因のわかっている腰痛は対象ではありませんので、注意してください

 では、さっそく「腰トレ」の実践へーー。

なぜ“100円グッズ”なのか? ちゃんとした理由があるんです

「100円グッズでのトレーニングを考案するにあたって、大事にしたポイントが3つあります」

 と富永先生。それは、①心地よい痛さ、②目新しさ、③クスリと笑えるおかしさ。

「なぜかと言うと、人の感じる痛みの強弱には、心理的な影響が非常に大きいからです」

 いつも感じている腰痛の痛みのレベルが10段階の2だとしても、さまざまなストレスを感じたときには、それが5になり、6になることもあるという。

「例えば、普段“ありがとう”も言わない、家事労働に理解のない夫のために食事を作ろうと台所に立つと、ひどく痛くなる。週末に折り合いの悪い親族の家に行かなければならないときには、週半ばから腰の調子が悪くなる」

「逆に、痛みのレベルが6もある腰痛だとしても、とっさに何も感じなくなる場合もあります。お孫さんやお子さんがガスコンロの火に触れようとしたり、階段から落ちそうになるのを目にしたら、6あるはずの痛みを1も感じず“危ない!”と身体が動きますよね」

 腰痛と心の動きは直結しているからこそ、クスリと笑えて、目新しく、心地よい痛さのあるトレーニングが効果を発揮するのだ。

「もちろん、各トレーニングには医学的な根拠もあります。例えば“ゴム手でパワーマッサージ”で刺激する足三里というツボからは、腰痛の原因となることの多い腰椎の第4腰髄神経、第5腰髄神経と呼ばれる神経がつながっています。この神経に働きかけることで、腰痛の改善が期待できるわけです」

 同じく“たわしでチクチク”“ボールで指伸びストレッチ”などは、足先の血流を改善させることで、下半身全体の血の巡りもよくしていく。すると、痛みを感じてこり固まってしまった腰の筋肉の老廃物が体外に排出されやすくなり、痛みが軽減される。

「しかし、こうした効能以上に重要なのは、あなたが心地よさやおかしさを感じて笑顔になることです。痛い、つらいからこそ笑いましょう。痛みの要因となっているストレスそのものを取り除くことは難しくても、身体が心地いいという感覚が脳に伝わることで、痛みがやわらぎます」

《1》たわしでチクチク

イスに座ったまま、素足になり、床に置いたたわしを軽く踏んでいく。片足ごとに1分間、たわしを踏み踏み。足の指の付け根周辺を中心に、イタ気持ちいい刺激を与える。
イスに座ったまま、素足になり、床に置いたたわしを軽く踏んでいく。片足ごとに1分間、たわしを踏み踏み。足の指の付け根周辺を中心に、イタ気持ちいい刺激を与える。

「足の指の腹をたわしで刺激します。たわしに足をそっと乗せ、チクチク。イタ気持ちいい刺激が脳に伝わることで、腰で感じている痛みが軽減されていきます。また、足の裏の血の巡りがよくなり、ほんのり温かくなっていき、冷えやしびれをとる効果も」

《2》軍手で足指間パッド

足の5本の指の間に手袋の指先部分を挟む。ブツブツ部分が指の股の間に当たるよう調整したら、足でグーを作る感じでにぎり、ムギュムギュ動かす。片足につき1分やれば十分。
足の5本の指の間に手袋の指先部分を挟む。ブツブツ部分が指の股の間に当たるよう調整したら、足でグーを作る感じでにぎり、ムギュムギュ動かす。片足につき1分やれば十分。

「若い女性の間で、足の指の股を広げる健康アイテムが流行っています。これを軍手で代用! ブツブツの突起で指の股を押します。すると、指の横側を走る血管や神経に新鮮な刺激が与えられ、腰痛の軽減につながる血流の改善を図ることができるのです」