いくつになっても美しく健康でいたい─。でも更年期になると身体が不調を訴えたり、病気になったり、何をやっても体重が落ちなくなる。かつてバレーボールの全日本選手でパリコレモデルだった中村利恵さんも、そのひとり。しかし、中村さんは52歳の今がいちばん身体のコンディションがいいと言う。はたして彼女が実証するビューティー健康法とは?
【写真】美魔女としてテレビにも出演。笑顔が素敵な中村さん

「食べすぎることで私たちの身体は傷ついているのです。それをリセットするために、ファスティングはオススメの手段なんです」

 現代社会で“食の改善”をテーマに研究や講演活動を行っている『からだビューティ研究所』で所長を務めている中村利恵さんは、これまでさまざまなキャリアを積んだ中で感じたことがあるという。

■健康を失うと人生が終わる

「元全日本のバレーボール選手時代は細いほうでしたが、スポーツ選手とファッションモデルって細さがまったく違うんです。パリコレなどのモデル時代は“やせろ”といつも言われて、ムチャなダイエットをたくさんしました。ある日、階段を上ったら視界がよどんできて倒れそうになったり、ヘアメークさんに“変なダイエットしているでしょう?”って、指摘されたこともありました。体形が細くても健康じゃなきゃ意味がないんです」

 そんな中村さんが実践しているのが、酵素ファスティングダイエットだ。

「42歳で三叉神経が通っているところに大きな腫瘍が見つかり、全摘出したのですが、右耳がまったく聞こえなくなりました。その翌々年には子宮頸がんにもなって、初期だったので抗がん剤も放射線も使わず切除できたのですが、“健康を失うと人生が終わる”ということを心底実感しました。

 それらの病気以降は自炊もしたり、体調に気を遣っていたのですが、更年期を迎えてから、体調が激変。健康診断のたびに増える体重は、今後、一生減ることはないんだろうなってあきらめていたんです」

 40代後半のエステティシャン時代に、仕事のストレスもあって食べることをやめられなかったという中村さん。

「この身長でエステの施術をしていたこともあり、背筋を伸ばせないくらい腰が痛い状態になってしまったんです。体力的に限界を感じていたときに、酵素ドリンクをもらうことがあって、以前から気になっていた酵素ファスティングに挑戦してみたら、空腹感や食べないことのストレスを感じることなく、ラクラク成功。翌日の目覚めはいいし、スッキリ感もあり、次は3日間実践してみたら、体重が3キロ、ストンと落ち、食習慣まで変えられたんです」

■酵素ファスティングのメリットは?

 中村さんが最終手段として取り組んだファスティングとは、食事を『植物エキス発酵飲料』、いわゆる『酵素ドリンク』に置き換える方法。“不食”や“デトックス”など、最近耳にする機会が増えたが、酵素でファスティングすることにメリットがあるという。