yamadayu
 小栗旬との結婚から2年。ついに子宝に恵まれた山田優。実は夫である小栗も妊活に積極的だったという。

「結婚当初から、夫婦で子どもを欲しがっていたけど、なかなか赤ちゃんができなかったんです。そこで、優ちゃんは親友の西山茉希ちゃんに相談したそうなんですよ。そして、彼女が 出産したクリニックを紹介してもらったんです」(山田のモデル仲間)

 西山といえば、昨年6月に6歳下の俳優・早乙女太一と“授かり”婚。そして、同年 10月に第1子となる女の子を出産している。

「そちらの産婦人科医院は、いま芸能人の間では最も人気のあるクリニックのひとつですね。彼女以外にも、有名歌舞伎役者の奥さんや人気シンガー、女子アナなんかもここで出産しています。また不妊外来も評判で、妊娠のタイミングを親身になって指導したり、できやすいように薬を処方してくれたりしています」(医療ジャーナリスト)

 子どもが欲しい山田にとって、“先輩ママ”のアドバイスはとても心強かったに違いな い。それ以上に支えになったのが、夫のサポートだという。

「小栗くんも子どもは早く欲しかったみたいで、“妊活”にはとても協力的みたいでしたよ。一緒に病院に行ってくれて、先生に積極的に相談したりして。もちろん、映画の海外ロケなどがあり会えないときもあったけど、優ちゃんはそんな小栗さんの姿勢がとても頼もしかったみたいです」(前出・モデル仲間)

 “妊活”で夫婦の絆きずなは強まっていく中で、ついにコウノトリが幸せを運んできてくれたのだ。

「赤ちゃんができたってわかったとき、夫婦で抱き合って喜んだみたい。優ちゃんはもううれし泣きで、言葉にならなかったみたい。もしかしたら、彼女は相当プレッシャーを感じていたのかもしれませんね」(前出・山田の友人)

 そこで本誌は、4月2日に自宅から出てきた山田に話を聞こうとしたが、終始、無言のまま。だが、どことなく口元が緩んで、いかにも話したそうな感じ。

 そして、タクシーに乗り込んだときに記者が改めて「おめでとうございます」と声をかけると、満面の笑みで会釈をした山田。終始、笑顔で幸せオーラに溢れ、“ペタンコ靴”をはいていたのが印象的だった。