0930_hanyu1_300
 開幕戦を腰のケガで欠場、復帰戦となった『中国杯』で衝突事故と、今季は“苦難のシーズン”となった羽生結弦選手。グランプリファイナル優勝会見後に直撃した。

――ご家族や恩師に報告もしていないんですか?

「僕、ケータイ持ってないんです。したくてもできないじゃないですか……。iPоdしか持ってないんですから」

 愛用するiPod touchは音楽プレーヤーだけどネットはできるので、メールだけはしているよう。小学生時代のコーチである都築章一郎さんは、

「グランプリファイナルに優勝した後に個人的にメールをしました。《ありがとうございます! あまり万全ではない状態ではあったのですが、なんとか優勝できて良かったです!》といった内容の返信が返ってきましたね。今回は素晴らしい演技ができたこともあり、メールから彼の達成感が伝わってきましたよ」

 会見では「全日本選手権が終わって、ひと区切りできたら報告したい」と話していたけど……。本誌記者が質問した後に報告したのかも。そんな今どきの若者らしくないゆづだけど、人生で1度も携帯電話を持ったことがない、というわけではない。

「ソチ五輪のときは、出場全選手に公式スポンサーであるサムスンからスマホが支給されましたので、五輪開催中は使っていました。でも、それは開催期間しか使えないので、いまはもう持っていないようですね。なんでもお母さんがそういう方針だとか」(スケート関係者)