小島よしお
 3月4日に放送された『櫻井有吉のアブナイ夜会』(TBS系)で小島よしおが再ブレーク中であることが判明した。

 人気急上昇中のクマムシ、ピスタチオ、とにかく明るい安村、厚切りジェイソンに負けじと、再び仕事のオファーが殺到しているという小島。その理由は「今、子供に狙いを絞っている」からだという。

 小島がブレークしたのは8年前。イベントで小島をよくブッキングするという関係者は、

「小さい子どもたちにとっては初見のため、先入観なくリズムネタにハマるんだと思います。イベントでスベっているのを見たことがありません」

 と絶賛。一時は月10本までに減ったイベントの仕事も、現在は月50本オファーが殺到するまでになったという。しかしテレビ業界でも、一発屋芸人を再び起用する流れが起こっているようだ。

「お笑いブームの頃は勢いのある若手がたくさん出てきたので、青田買いで若手を起用する番組も多かった。でも経費削減で予算の減った昨今のテレビ業界では、キャラクターがお茶の間に浸透していない若手を起用する余裕がない。そのため、番組会議でも知名度が抜群の一発屋芸人の名前が挙がることが増えつつあります」(放送作家)

 一発屋芸人のメリットは“どっちに転んでもオイしい”ところだという。

「よくある“一発屋芸人の悲惨な近況”でも面白いですし、小島さんのように“実は仕事が増えている”という現状でも、視聴者には意外に感じられウケます。『しくじり先生』のように、自分たちが消えた理由を語らせば説得力もありますしね。また酸いも甘いも噛み分けたことで、芸人としての腕を上げている人も少なくありません。もともと有吉弘行さんも“一発屋芸人”として、アドバイスするという企画で再ブレークのチャンスを掴みました。今後、再ブレーク芸人は増えると思いますよ」(バラエティー番組スタッフ)