hanyuu1
 国別対抗戦を最後に、今シーズンが閉幕したフィギュア界。元フィギュアスケート選手の佐野稔さんは羽生結弦について、こう評価する。

「ここ何年もオリンピックチャンピオンは、その次のシーズンは休養に充てていました。やはり、金メダルをとるというのは、ものすごいエネルギーを使うのでしょう。それを羽生クンは破って参戦した。ソチ以上のことをやろうとしたんです。それに対していろいろイジメられたけど、やってよかったと思います。今シーズンの試練を乗り切った経験は、次に生きてくる」

 国別対抗戦のエキシビションでは、金メダリストとしての意地を感じたと語る。

「国別対抗戦のエキシビションで4回転ループを跳んだのも、彼の意地というか憂さ晴らしというか、やっぱりすごいね。4回転トゥループは刃の前を使ってジャンプするけど、ループは右足の刃の外側を使って跳ぶから難易度は増す。そのぶん、基礎点は高くなるんです。’18 年の平昌五輪では、SPは後半でも4回転を入れ、フリーは4回転を3つ入れるプランを考えているのでしょう。これができれば、楽に金メダルがとれますよ。ライバルはハビエル・フェルナンデス。同じコーチですから、羽生クンと切磋琢磨して強くなってくるはず。日本人では宇野昌磨クンに注目です」