yonekura
 “モラハラ離婚”が報じられる中、沈黙を守り続けている米倉涼子。4月下旬のある週末の午後3時ごろ、彼女の姿が目撃されていた。

「すごくスタイルのいい女性がいるなと思ったら、聞き覚えのある声。デニムに白いニットを合わせ、首に黒いストールを巻いていました。キャップとメガネで変装していましたが、すごいオーラだから米倉さんだとバレバレ(笑い)。スニーカーをはいた足がすらっと長くて、さすが女優さんだなと見とれてしまいました」(居合わせた女性)

 米倉が現れたのは都内の高級スーパー。40代半ばくらいのスタッフと思われる女性と大量の食材を買い入れていた。

「きゅうりとかトマトとか、野菜をたくさん買っていました。お豆腐や卵、キノコ類もあったかな。ヘルシーなものばかりで、やっぱり身体に気を遣っているんでしょうね」(前出・居合わせた女性)

 スリムなスタイルと美貌を支えるのは、やはりバランスのとれた食事なのだろう。さらに、米倉の買い物カゴは食材以外にも、あるものがたくさん入れられていた。

「お酢やしょうゆなど、調味料一式が入っていましたね。七味やこしょう、キムチ、オリーブオイルなんかも。引っ越しされたのかなと思うくらいたくさん買われていましたよ」(前出・居合わせた女性)

 米倉が“爆買い”していたスーパーは、彼女が独身時代に住んでいたマンション近くにある。昨年12月末に2歳下の若手実業家A氏と電撃結婚。新居を構えるも3か月後には離婚の可能性が報じられ、別居して新生活を始めたと言われていた。

「A氏と一緒に暮らしていたマンションを出て、元のマンションに戻ることに決めました。ただ、そのマンションはA氏と同棲していた場所でもあります。米倉さんは“彼の記憶をいっさい消す”ために、室内をリフォームしていました。それがようやく終わったそうで、新たに購入したベッドもやっと届いたとか」(芸能レポーター)

 調理料なども、A氏と暮らしていたときに使用していたものは捨ててしまったという。

「米倉さんの今の癒しは自分のために作る“ひとり飯”だそうですよ。本来は人と会って外で食事するのが大好きなのですが、この騒動ではそうもいかないですからね」(ファッション雑誌編集者)

 料理に没頭していれば、嫌なことも忘れられる。米倉はもともと料理が得意で、その腕前はよく知られていた。

「『ドクターX』(テレビ朝日系)の撮影現場ではカレーライスの炊き出しをしてスタッフにふるまっていました。それがもう絶品なんです! A氏と同居していたときは、いつも食事を作って彼の帰りを待っていたそうなんですけどね……」(テレビ局スタッフ)

 独身時代の生活を、再び始めたということなのだろう。スーパーでは連れの女性とオリーブオイルの使い方について熱心に話していたという。表情は明るく、吹っ切れたように見えたそうだ。

「A氏は仕事の都合で大阪にいるそうです。すでに離婚への話し合いは進んでいて、大筋ではA氏も同意しているとか。米倉さんの事務所はスポンサー対策を行っている最中ですが、同じ事務所の上戸彩さんが出演しているドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)が終わるまでは離婚の発表はないでしょう」(前出・芸能レポーター)

 所属事務所に問い合わせると、「ふたりで住んでいたマンションは引き払っていませんし、離婚に関して本人から報告はありません」とのこと。