s-maro721
 6月22日に放送され『こうして私はやっちゃいました! 神センス塩センス!』(フジテレビ系)に出演した、浜崎あゆみの元カレでダンサー“マロ”こと内山麿我がネット上でバッシングの嵐になっている。

 浜崎との関係を赤裸々に語ったほか、離婚裁判沙汰になった妻AさんのほかにBさんとの間には現在4歳になる男の子がいて、月25万円を支払い中。さらに女性関係が500人ほどといった発言をしたからだ。

 だが、この番組で語られたことがすべてではない。

「実はマロくんは今年の3月にできちゃった結婚しているんですよ。お相手は26歳の一般人なんですが、吉田羊似のすごい美人さんですよ」(音楽関係者)

 事実を確認するため、彼がレッスンを行っている愛知県名古屋市内にある『ダンススタジオ・ACE』の前で直撃取材した。

ーーすみません、マロさんが3月にできちゃった結婚をしたというのは本当ですか?

「隠していたわけではないですが、3月14日のホワイトデーに入籍したんです」

 すんなり、結婚の事実を認めたマロ。だが、彼の口からは決意どころか、驚きの事実が次々と飛び出してくる。

「昨年1月に出会って“この子カワイイ”と思って。まあ、すぐオトナの関係にはなったんですが、付き合うってことにはならなかったんですよ。でも、彼女は部屋の掃除や洗濯をしてくれるし、なんかずるずるとって感じですかね」

 それが特別な関係に変わっていったという。

「昨年秋ごろ、彼女が洗濯してくれた服を持って家に来てくれたとき、僕はほかの女の子と寝ていたんですよ。ま、何ていうか、“逆・矢口真里さん状態”ってやつですかね。さすがにヤバいと思って寝たフリしたんですが、彼女は超激怒。“てめえ、寝たフリこいてんじゃねー!”って捨て台詞を残して出て行っちゃったんですよ。修羅場でしたわ」

 さすがに寝ていた女性をクローゼットに隠すようなことはしなかったそうだが……。

「それでも彼女は僕から離れなかったんですよ。それなら付き合おうかってなり、昨年のクリスマスから正式に交際したんです。そうしたら、2月の初めに妊娠したことを告げられました。まあ、僕はすぐに“おろしてほしい”って言いましたけどね。だって、息子に払う養育費はキツいですし、さらにもう1人なんてねえ。でも、彼女がやっぱり産みたいっていうし、そこまで言うなら結婚しようと。でも、“僕は君を幸せにはできないよ”と言ったんですけどね」

 息子の母親であるBさんに再婚することを話したら「養育費はちゃんと払い続けてね」と言われたとか。新しいい妻には「減額してもらえ」とも言われており板挟み状態だそう。そんな彼だが、気になるのが女性関係。

「まあ、“浮気をしない”か“しちゃう”かと言われれば、“しちゃう”でしょうね(笑い)。でも、絶対にバレないようにしますよ。でも、“浮気しない”とか言って、している人はいっぱいいるじゃないですか。だったら、“しない”なんて言うなよって感じですよ。僕は正直者なんですよね」

 今月にはスポンサーの人たちから費用を出し合ってもらい、ハワイで挙式。9月には新しい命が誕生する予定だ。

「生まれてくる子は女の子らしいんです。息子のときと違って、ちょっと複雑な気分。なんか、お父さんが守ってやらないとみたいな……」