s-sanmasan
 7月1日で還暦を迎えた明石家さんま。常々“60歳になったら芸能界を引退する”と発言していただけに、今後の芸能活動に注目が集まっている。

 また6月下旬に収録された大阪ローカル番組で、オール巨人に「大阪帰ってこうへんか?」と聞かれ、「帰る。帰ります。こんな楽しい会話、もっとしたいもん」と“大阪Uターンプチ隠居”を匂わす発言もあったという。

 引退や大阪での隠居生活を匂わす発言は本当なのか? 誕生日の翌日の夕方、娘のIMALUに事情を聞こうと彼女の自宅を訪れた。

ーーさんまさんに還暦のお祝いは伝えましたか?

「メールで“還暦おめでとう”って伝えました。電話はしていませんね」

ーー還暦になったら引退したいと話していましたが、何か聞いていますか?

「すみません。特にわかりません……」

 どうやら、娘にはまだ何も伝えていないらしい。同日夜にさんまの自宅を訪れると、午後10時過ぎに帰ってきた。頭はさっぱりとした丸刈りになっている。7月5日から始まった舞台『七人ぐらいの兵士』に出演するため髪を切ったのだ。

ーーさんまさん、還暦おめでとうございます!

「おぉ、ありがとう」

 お祝いの花束を渡すと、受け取ってくれた。でも“赤いちゃんちゃんこ”を着てほしいとお願いすると「そりゃいらんわ。アホか」とバッサリ。

ーー還暦パーティーはすんだんですか?

「もう終わったで全部」

ーーどんな方たちと?

「いろいろや、いろいろ」

 ということは、誕生日の前にすでに宴を開催していたのだろう。最後にいちばん大事な質問を聞いてみた。

ーー還暦を迎えたら大阪へ戻って、たかじんさんのように関西ローカルの番組を中心に活動すると聞きましたが?

「知るかそんなこと。知らんわ。もう家に入るで」

 否定こそされなかったものの、いつものように煙に巻かれてしまった。