妻子に逃げられた一発屋ロッカー。そんな現実を地で行く役柄が好評だったにもかかわらず、実際は公私ともに、トラブル続き。そんな彼が抱える事務所問題、離婚裁判のウラ側を徹底追及――

《2015年8月25日をもって高橋ジョージのマネジメント業務を終了いたしました。10年間、皆様ありがとうございました》

20150915 takahashijoji (5)

 現在、“モラハラ”があったと、妻である三船美佳に離婚を求める裁判を起こされている高橋ジョージ。そんな彼とのマネジメント契約が終了したと、所属事務所がホームページで発表した。

「ジョージさんと事務所が話し合いをしたのは、お盆明けの8月18日だったとか。事務所側は“あの事件”で信頼関係を築けなくなり、これ以上、マネジメント業務を続けることが難しいと伝えたそうです。一方のジョージさんは、音楽活動に力を入れていきたいので、退社することをすんなり受け入れたとか。決して、三船さんと同じ事務所であることが嫌だったわけではないようです」(芸能プロ関係者)

 『週刊女性』本誌は高橋が事務所から離れることを、8月11日発売号ですでに報じていた。その原因となった“あの事件”についてもいち早く触れている。

 発端は、7月8日に東京家庭裁判所で行われた離婚訴訟でのこと。初めて三船が出廷することを聞きつけた高橋が急きょ自分も出廷することを決断。そのため、あらかじめ決まっていた『美女と男子』(NHK)の撮影日程を変更するようゴリ押ししたという。

「高橋さんは妻と子どもに逃げられた一発屋歌手という、私生活を地で行くような役柄で話題になりました。その撮影が裁判当日も午前10時から予定されていたのですが、前日に“明日は午後4時からじゃないと行けない”ということになり、急きょ7月7日に翌日分の撮影を行うことになったんです。結局、撮影は深夜にまでおよび、出演者やスタッフが迷惑をこうむったんです」(NHK関係者)

高橋にとって絶好のタイミングとも

 高橋が仕事上でトラブルを起こしたのはこれだけではない。7月17日、新潟県の弥彦競輪場で予定されていたイベントをドタキャンしたのだ。

「何でも13日に突然、高橋サイドから競輪場側へ出演中止の申し出があったそうです。その日も『美女と男子』の撮影が入っておりダブルブッキングしてしまったんです。高橋が『虎舞竜』などの音楽活動をするときは個人事務所が担当し、それ以外のドラマやバラエティーの仕事は所属している芸能プロダクションが担当。今回、競輪の仕事を決めたのは個人事務所で、連絡に行き違いがあり、同じ日に仕事が重複してしまったんです。当初はドラマ撮影の日程を変更させようとしたのですが、さすがにもうNHK側が了承しなかった。それで、仕方なく競輪の仕事を断ったそうです」(スポーツ紙記者)